調査報道記者、ハーバード大学学長の辞任に賭けるも敗北し、ジャーナリズムの倫理に疑問符

By CoinDesk – 2024/01/29 01:20:06 (JST)

調査ジャーナリストのクリス・ブルネットが、ハーバード大学のクローディン・ゲイ前学長による盗用とデータ捏造の歴史を暴いた。2023年12月、ブルネットは盗用やデータ捏造を含むゲイの不正行為を暴露した。その結果、ゲイ氏の不正行為には盗用やデータ捏造が含まれていることが判明した。ブルネ氏は、この結果を利用するため、予測市場最大手のPolymarketで賭けを行った。彼は、ゲイが年末までにハーバード大学の学長でなくなることに賭け、1,400ドル相当の暗号通貨を獲得する可能性を賭けた。

ブルネットにとって残念なことに、ゲイは予測市場が求めたように2023年末までにハーバード大学の学長を辞任することはなかった。その代わり、新年が明けて数日後に辞任した。ブルネットは方向的には正しかったが、最終的には賭けに負けた。この挫折にもかかわらず、ブルネットは自分のインパクトのある仕事を取引を通じて収益化することに興味を示した。しかし、予測市場でより大きな賭けをしない理由として、彼は経済的な制約を挙げた。

ブルネットは、群衆の知恵を活用する予測市場の可能性を信じる一方で、ジャーナリストが記事の結果に個人的な利害関係を持つことにまつわる倫理的懸念を認めている。これは、利益相反や公共の利益に奉仕するジャーナリストのコミットメントに疑問を投げかけるものだ。メディア倫理の専門家もまた、このような状況における透明性の重要性を強調し、ジャーナリストが記事の結果に対する個人的な投資についてオープンにすることを求めている。

内部情報を使って予想市場を利用することの合法性もまた、複雑な問題である。インサイダー情報を使って予想市場に賭けることが、米国法上のインサイダー取引にあたるかどうかは、まだはっきりしていない。予測市場の証券としての分類と、重要な未公開情報の保有が、こうした行為の合法性を決定する要因となる。Polymarketのような予測市場プラットフォームは、米国のユーザーや重要な未公開情報に基づく取引を禁止しているが、米国証券取引委員会(SEC)のような機関による規制監督の可能性は残っている。

結論として、ブルネットの経験は、ジャーナリストが予測市場を通じて自分の仕事を収益化することに伴う潜在的な利益と倫理的懸念を浮き彫りにしている。予測市場で内部情報を利用することの合法性はまだ不確かであり、ジャーナリズムの成果に対する個人的な金銭的利害の倫理的意味合いは、ジャーナリズムの誠実さと透明性に関する重要な問題を提起している。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

Share on: