米国の承認後、アジアでのビットコインETFが勢いを増す、アナリスト予測

By CoinDesk – 2024/01/29 15:20:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
2024年にスポット型イーサリアムETFの承認について、仮想通貨の専門家の意見が分かれる
SECが承認したスポットビットコインETF、小売投資家に扉を開く

新しい記事では、米国の承認に続いてアジアでのビットコインETFの可能性について、オーストラリア、香港、シンガポール、UAEに焦点を当てて議論しています。最初の類似記事では、異なる仮想通貨であるスポットイーサリアムETFの可能性について議論し、対象はアジアではなく米国市場です。2番目の類似記事では、米国でのスポットビットコインETFの承認について取り上げていますが、アジアへの潜在的な影響には触れていません。したがって、すべての記事が仮想通貨ETFについて議論していますが、新しい記事はアジアでのビットコインETFの可能性に関する独自の情報を提供しており、類似記事ではカバーされていない内容です。

アナリストによると、米国証券取引委員会(SEC)が最近、ビットコインのスポット型上場投資信託(ETF)を承認したことで、アジアにおける同様の規制承認への道が開かれる可能性があるという。このような商品にとって理想的な政策が直ちに実施されるとは限らない地域もあるが、米国の承認によって生まれた勢いは、アジアの司法管轄区が独自の規制プロセスを早めるよう促す可能性がある。アナリストは、オーストラリアが次にビットコインETFを承認する国になる可能性が高いと見ており、オーストラリア証券取引所(ASX)は今年の第1四半期か第2四半期に承認を与える見通しだ。香港とシンガポールもビットコインETFの承認に関心を示しており、米国の承認はこれらの地域でもプロセスを加速させる可能性がある。

米国におけるビットコインETFのスポット承認は、暗号空間に対する規制政策という点で、アジアやアフリカに対する優位性をもたらした。UAE、シンガポール、香港などアジアの司法管轄区はクリプトのハブになろうと努力しているが、ビットコインETFのような商品を承認したところはまだない。しかし、米国が承認したことで、これらの地域は、大手金融機関の資金を地域外に移転させないような政策を導入する可能性がある。香港は特にビットコインETFの承認に関心を持っており、このような商品を次に承認する可能性が高い。一方、シンガポールは暗号規制に対して慎重な姿勢を示してきたが、今後はビットコインETFのような商品を認める方向に傾く可能性がある。

UAEは、ビットコインETFタイプの商品を直ちに推進する可能性が最も低い地域と見られている。というのも、UAE市場とのコネクションを持たない伝統的な金融プレーヤーから十分な市場流動性を得る必要があるからだ。伝統的な金融プレーヤーと必要なリンクを確立することは高価である可能性があり、たった1つの商品のためにそれをする価値がないかもしれません。しかし、UAEは将来、こうした課題を克服する方法を見つける可能性がある。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: