Dmail、シーズン1のエアドロップ詳細を発表:総供給量の3.75%にあたる750万DAMILトークンを配布

By PANews – 2024/01/29 21:41:29 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Dmail Network、Binance Smart ChainとEthereumにDMAILトー

新しい記事と類似の記事の両方が、Dmail NetworkがDAMILトークンのエアドロップを行うことについて言及しています。両方の記事は、エアドロップがBNBチェーンを通じて実施され、対象条件にはNFTドメインの保有者、Dmail DAppのユーザー、およびGitcoinの寄付者が含まれることを述べています。両方の記事はまた、DMAILトークン契約がBNBチェーンとEthereum上に展開されたことも言及しています。ただし、新しい記事は、エアドロップに関するより具体的な詳細を提供しており、シーズン1でエアドロップされるトークンの正確な数(750万)、これが総供給量に占める割合(3.75%)、およびエアドロップの期間(30日)について言及しています。また、シーズン2のエアドロップが既に開始されており、シーズン1で未受け取りのエアドロップは2つ目のシーズンのエアドロッププールに移されることも述べています。これらの詳細は類似の記事には存在せず、新しい記事には新しい事実が含まれています。

Dmail Networkは、1月30日に開始されるシーズン1のエアドロップの詳細を発表しました。総供給量の3.75%にあたる750万DAMILトークンがエアドロップされます。エアドロップは30日間続き、BNBチェーンを通じて実施されます。対象条件には、NFTドメインの保有者、Dmail DAppを使用したユーザー、コミュニティの貢献者、3DクリスタルNFTの保有者、Gitcoinの寄付者が含まれます。

さらに、シーズン2のエアドロップは既に開始され、総供給量の2.25%が最初のエアドロップとして行われます。シーズン1で受け取られなかったエアドロップは、シーズン2のエアドロッププールに自動的に移されます。シーズン2のエアドロップはタスクポイントに基づいています。先週、DMAILトークン契約がBNBチェーンとイーサリアムに展開され、総供給量の6%がエアドロップに割り当てられたことが報じられました。

全体として、Dmail NetworkはDAMILトークンのエアドロップを実施しており、シーズン1は1月30日に開始され、シーズン2は既に進行中です。対象の参加者はさまざまな条件に基づいてトークンを受け取ることができ、エアドロップは総トークン供給量の一部をユーザーに分配することを目的としています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: