dYdX Chain、DYDXトークンのリキッドステーキングをサポートするためにアップグレード

By The Block – 2024/01/30 04:10:05 (JST)

CosmosベースのアプチェーンであるdYdX Chainは、ネイティブトークンであるDYDXのリキッドステーキングを導入しました。バージョン3.0へのアップグレードにより、ネットワークはリキッドステーキングプロトコルをサポートし、ユーザーはDYDXをステーキングしながら、トレードやDeFiアプリケーションで利用可能な流動性のある資産に変換することができます。Stride、Persistence、Quicksilverなどのリキッドステーキングプロバイダーが、dYdXのステーカーにこのサービスを提供するために競っています。dYdX FoundationのCEOであるCharles d’Haussy氏は、リキッドステーキングの競争がDYDXのステーキングエコシステムにイノベーションをもたらすと考えています。

dYdX Chainは、暗号トークンデリバティブの取引プラットフォームであり、分散型永続契約のニッチ市場で最大のプラットフォームです。ネットワークはバリデータによって保護され、ステーカーは自身のDYDXトークンをこれらのバリデータに委任することができます。すべてのプロトコル手数料は、USDCステーブルコインでDYDXのステーカーとバリデータに再分配されます。

このdYdX Chainのアップグレードにより、リキッドステーキングがサポートされ、ユーザーは流動性を維持しながらDYDXをステーキングすることができます。リキッドステーキングプロバイダーはこのサービスを提供することに熱心であり、DYDXのステーキングエコシステムの競争がさらなるイノベーションを促進することが期待されています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: