欧州証券市場監督機構、非EUの暗号通貨企業に制限を提案

By Blockworks – 2024/01/30 05:01:12 (JST)

欧州証券市場監督機構(ESMA)は、欧州連合(EU)内の暗号通貨企業を非EU企業よりも優先するためのガイドラインの草案を公表しました。これらのガイドラインは、昨年導入された「マーケットインクリプトアセット(MiCA)」の規則の下で明確さを提供することを目的としています。この文書では、EU拠点の投資家とMiCA準拠の暗号通貨サービスプロバイダー(CASPs)を非EUおよび非MiCA準拠の企業から保護する必要性が強調されています。提案されたガイドラインでは、非EU企業は広告、スポンサーシップ契約、インフルエンサーや有名人の支援などの勧誘を禁止されます。

ESMAのガイドラインはまた、「勧誘する人物」という用語に対して広い解釈がなされるべきであると明確にしています。これには、第三国企業やその代理人として行動する任意のエンティティや個人が含まれます。ただし、クライアントが自ら連絡を取り、サービスを要求した場合には例外があります。さらに、ESMAは暗号通貨を金融商品として扱うための別の公開協議文書も公表しました。この文書では、他のEU法的枠組みに該当しない暗号通貨はMiCAの枠組みの対象となる可能性があると述べています。非代替性トークン(NFT)はMiCAの範囲外であることが明確にされています。

ESMAは両文書について4月末まで公開協議を受け付けており、12月末までにガイドラインを発行する予定です。昨年、ESMAはMiCAの実施に先立ち、暗号通貨企業に登録するよう呼びかけました。ESMAは欧州銀行監督機構と協力して規制の遵守を監督する役割を果たします。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: