dYdX Chainがv3.0にアップグレード、コスモスベースのプラットフォームに流動性ステーキングを導入

By PANews – 2024/01/30 09:00:32 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
dYdX Chain、DYDXトークンのリキッドステーキングをサポートするためにアップグレード
dYdXチェーンでのリキッドステーキングがStrideとの提携により開始される

新しい記事と類似の記事は、dYdX Chainのバージョン3.0へのアップグレードと流動性ステーキングプロトコルの導入について議論しています。すべての記事は、ユーザーがdYdX Chainをステークし、ステークされたDYDXを取引可能な流動性資産に変換してDeFiアプリケーションで使用できるように保護できることを述べています。また、Stride、Persistence、Quicksilverがこのサービスを提供することもすべての記事で言及されています。しかし、新しい記事には、類似の記事で既にカバーされていない新しい事実や数字は提供されていません。類似の記事には、CEOの意見、流動性ステーキングデリバティブにロックされた総額、STRDトークンのエアドロップなどの追加情報も提供されていますが、新しい記事では言及されていません。したがって、新しい記事には、類似の記事に含まれていない新しい事実や分析は含まれていません。

Cosmosをベースにしたブロックチェーンプラットフォーム、dYdX Chainがバージョン3.0にアップグレードしました。このアップグレードでは、クロスチェーンアカウントの導入と流動性ステーキングプロトコルの追加が行われました。これにより、ユーザーはdYdX Chainをステークし保護する一方で、ステークされたDYDXを取引やDeFiアプリケーションで使用できる流動性のある資産に変換することが可能です。CosmosエコシステムプロトコルのStrideは、dYdXに対して流動性ステーキングを提供する予定であり、PersistenceやQuicksilverなどの他のプロバイダーも近い将来にこのサービスを提供する予定です。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: