HyperVerseの疑わしいポンジ・スキームが約20億ドルを集め、偽のCEOとして俳優を雇ったとされる

By CoinDesk – 2024/01/30 12:20:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
SEC、17億ドルの仮想通貨ポンジスキームHyperFundに対して訴訟を提起
SEC、17億ドルのHyperFundスキームの創設者を詐欺で告発

新しい記事と類似の記事はすべて同じトピックについて議論しています。それは、HyperVerseによるとされるポンジスキームであり、投資家から約20億ドルをだまし取ったものです。Sam LeeとBrenda Chungaの関与、SECによる提訴、そしてスキームの詐欺的な性質といった重要な事実は、すべての記事で一致しています。しかし、新しい記事には類似の記事には見られない追加の詳細があります。それには、俳優をCEOとして演じさせるための雇用、ChungaとLeeが個人的に受け取ったとされる具体的な金額、そして崩壊したオーストラリアのビットコイン企業Blockchain Globalとの関連が含まれています。したがって、全体的なトピックは同じですが、新しい記事は状況の理解に役立つ新しい事実と詳細を提供しています。

オンライン投資事業のHyperVerseが、約20億ドルのポンジ・スキームの運営を行ったという告発を受けています。米国証券取引委員会(SEC)と大陪審は、同社の2人のリーダーに対して訴訟と刑事告発を行いました。このスキームは2020年6月に始まり、世界中の投資家を急速な富の約束でだまし取ったとされています。SECの苦情によれば、HyperFundはさらに、同社のローンチ時にCEOを演じるために俳優を雇ったとのことです。SECは、創業者のサム・リーとブレンダ・チュンガがピラミッド型およびポンジ・スキームで投資家をだまし取ったとしています。チュンガはSECの告発に合意し、一方でリーはワイヤー詐欺の罪で起訴されています。

SECは、HyperVerseが新たな投資家の預金を使って既存の投資家に支払いを行い、正当な収入源がないと主張しています。チュンガは個人的に約370万ドルを受け取り、高級品や不動産に使用しました。一方、リーは自身の管理下のウォレットに14万ドルのデジタル資金を移動しました。SECは、リーとチュンガに不正に得た利益を返還するよう要求しており、また、彼らが登録されていない証券を提供したとも非難しています。チュンガは特定の活動の禁止と、裁判所で決定される罰金を含む和解に合意しました。

HyperVerseに関連する個人が法的な問題に直面するのはこれが初めてではありません。最近、同じ詐欺的な投資スキームを通じて700万ドル以上をだまし取ったとして、ロドニー・バートンが逮捕され起訴されました。さらに、HyperTechの創業者であるサム・リーとライアン・シュウは、オーストラリアのビットコイン企業Blockchain Globalの破綻に関与しており、債権者に5800万ドルの負債があります。SECの執行部長であるガービア・グリウォールは、HyperFundは投資家の財布を掘り起こすだけであり、リーとチュンガは暗号資産マイニングからの利益を約束して投資家を引き付けたと述べています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: