Flokiチーム、香港規制当局の懸念に対応

By CoinDesk – 2024/01/30 16:10:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
香港証券先物委員会、怪しい投資商品「Floki Staking Program」と「TokenFi

新しい記事と類似の記事は、いずれも同じ主題について議論しており、それはFlokiチームが香港証券先物委員会(SFC)の懸念に対する対応を述べています。両方の記事は、SFCがFlokiのステーキングプログラムを疑わしい投資商品のリストに掲載したことを述べています。しかし、新しい記事には類似の記事には見られない追加情報があります。具体的には、FlokiチームがSFCの懸念に対処するために取った措置について詳細に説明しており、警告通知の実施、香港のユーザーをステーキングプログラムからブロックすること、および地域でのオフラインマーケティングキャンペーンを一時停止するなどが含まれています。新しい記事ではまた、Flokiのステーキングプログラムの高い年率利回り(APY)がどのように維持されているかについて説明しています。この新しい情報は重要であり、類似の記事には含まれていないため、新しい記事は重複ではありません。

Flokiプロジェクトの背後にあるチームが、香港の規制当局である証券先物委員会(SFC)の懸念に対応しています。SFCは、トークンのステーキングプログラムを疑わしい投資商品のリストに掲載しました。Flokiチームは、Mediumの投稿で、警告通知の実施、香港のユーザーをステーキングプログラムからブロックする措置、地域でのオフラインマーケティングキャンペーンの一時停止など、規制上の懸念に対処するための措置を取ったことを述べています。彼らは、これまでに香港のユーザーがプログラムに参加していないことを強調しました。チームは、Flokiのステーキングプログラムの高い年率利回り(APY)は、独自の報酬システム、市場に対応したAPY、分散化された割り当て戦略、VCやプレセールからの資金調達がないことによって維持されていると説明しています。

SFCは以前、預金、貯蓄、またはステーキングサービスを提供する仮想資産プラットフォームのリスクと非規制性について投資家に警告していました。彼らは、これらの取り組みは銀行預金とは異なり、投資家には何の保護も与えられないと強調しました。

全体として、FlokiチームはSFCの懸念に対処し、香港の規制要件に準拠するための措置を取っています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: