香港の規制警告を受け、Floki Inuがステーキングプログラムを停止

By The Block – 2024/01/30 18:20:05 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
Flokiチーム、香港規制当局の懸念に対応
香港証券先物委員会、怪しい投資商品「Floki Staking Program」と「TokenFi

新しい記事と類似の記事はすべて同じ主題について議論しています。それは、Floki Inuが香港証券先物委員会(SFC)からの規制警告により、香港でのステーキングプログラムを停止するというものです。SFCの警告、Flokiの対応、ステーキングプログラムの高いリターンなど、重要なポイントはすべての記事で取り上げられています。新しい記事には、既に類似の記事で言及されていない新しい事実や数字は提供されていません。したがって、新しい記事は既に報告されている情報や洞察に新しい情報を追加しているようには見えません。

香港証券先物委員会(SFC)は、仮想通貨のFlokiに対して警告を発し、その高利回りのステーキング商品を「不審」と非認可と位置付けました。これに対し、Flokiチームは香港のユーザーがステーキングプログラムにアクセスできないようにブロックし、ウェブサイトに警告を掲示しました。SFCはFlokiステーキングプログラムとTokenFiステーキングプログラムについて警告を発し、年間30%から100%以上の利回りを謳っていると述べました。Flokiチームは、高い利回りはトークン供給の大部分をステーカーに割り当てることで実現したと主張し、ステーキングプログラムを擁護しました。

仮想通貨プロジェクトのFloki Inuは、地元の規制当局によって「不審な投資商品」と見なされたため、香港でのステーキングプログラムを停止しました。チームは香港のユーザーがプログラムに参加できないように対策を講じ、ウェブサイトに警告を掲示しました。香港証券先物委員会(SFC)は、FlokiステーキングプログラムとTokenFiステーキングプログラムについて警告を発し、香港の一般市民への提供が認可されていないと述べました。Flokiチームは、高い利回りはFlokiをステーキングしたユーザーにトークン供給の大部分を与えたことによるものだと主張しています。

Flokiチームは、香港証券先物委員会(SFC)がステーキングプログラムに関する懸念を表明したことに対応しました。チームは、SFCが高い年間利回り(APY)を持つプログラムを単独で指摘したことに異議を唱えています。彼らは高い利回りは市場の力とトークン供給の割り当てによって実現したと主張しています。チームは、ステーキングプログラムの報酬はFlokiの姉妹プロジェクトであるTokenFiのユーティリティトークンであるTOKENであり、TOKENの市場価格に左右されると明確に述べました。彼らは、ステーキングされた資産、ステーキング契約、報酬には一切の管理権限がないことを強調しました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: