StarknetがCelestiaと協力し、Layer 3チェーンのデータ可用性を向上

By The Block – 2024/01/30 19:30:06 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
StarknetとCelestiaが協力し、高スループットのLayer 3ネットワークを構築

新しい記事と類似の記事の両方で、StarknetとCelestiaの協力によるレイヤー3チェーンのデータ可用性の向上について議論されています。両方の記事で、CelestiaのBlobstreamを使用して大量のデータをオフチェーンで安全に保存し、CelestiaをStarknetのプログラミング言語であるCairoに統合することが言及されています。トランザクションコストの削減とレイヤー3アプリチェーンの開発をサポートすることも、両方の記事で言及されています。新しい記事では、類似の記事で既にカバーされていない新しい事実や数字はありません。

StarknetがCelestiaと協力し、Layer 3チェーンのデータ可用性を向上

イーサリアムのスケーリングソリューションであるStarknetが、Celestiaと協力してLayer 3チェーンのデータ可用性を向上させることを発表しました。この協力により、StarknetはCelestiaのBlobstreamを利用することができます。Blobstreamは、大量のデータをオフチェーンで安全に保存するデータ可用性レイヤーです。Celestiaの活用により、Starknetはトランザクションコストを最小限に抑え、Layer 3アプリチェーンの開発をサポートすることを目指しています。Celestiaは既にManta Pacific、Aevo、ZKFairなどのLayer 2プロジェクトに統合されており、Starknetは今後、自身のエコシステム内でLayer 3チェーンを構築する予定です。

StarknetとCelestiaの協力により、Starknetエコシステム内のLayer 3チェーンのデータ可用性が向上することが期待されています。CelestiaのBlobstreamを活用することで、Starknetは大量のデータをオフチェーンで安全に保存し、ガスコストを削減し効率を向上させることができます。また、CelestiaをStarknetのプログラミング言語であるCairoに統合することで、Layer 3アプリチェーンの開発をサポートします。この協力は、CelestiaがさまざまなLayer 2プロジェクトでの成功を受けて行われたものであり、Ethereumのスケーリングにおけるデータ可用性ソリューションの重要性が高まっていることを示しています。

StarknetとCelestiaの協力は、Layer 3チェーンのデータ可用性向上において重要な一歩となります。Celestiaの技術を活用することで、Starknetはトランザクションコストを最小限に抑え、エコシステム内でのスケーラビリティを向上させることを目指しています。このパートナーシップは、Ethereumエコシステムにおけるデータ可用性ソリューションの採用が進んでいることや、スケーラビリティの課題に対する取り組みが続いていることを示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: