米国株式市場開場後、約14,800 BTCがETFの保管先アドレスに移転予定

By PANews – 2024/01/30 20:58:52 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
10 Bitcoin Spot ETFが合計約645,610 BTCを保有
「米国のビットコイン現物ETF、10日目の取引で8,000万ドルの流出」

新しい記事では、1月30日の米国株式市場の開場後に、約14,800 BTCがさまざまなETFの保管アドレスに移転することが予想されていることが取り上げられています。また、Grayscaleからの流出と他のETFへの流入の具体的な数字も提供されています。同様の記事でも、BTCがETFの保管アドレスに移転され、具体的な数字が示されています。ただし、新しい記事で言及されている数字や日付は、同様の記事とは異なります。新しい記事では、10つのBTCスポットETFの合計BTC保有量も提供されており、これは同様の記事には含まれていない新しい情報です。したがって、全体的なトピックは同じですが、新しい記事は同様の記事に含まれていない新しい事実と数字を提供しています。

1月29日、Grayscaleからの資金流出は減少し、一方でBlackRockとFidelityからの資金流入はGrayscaleからの流出を上回りました。1月30日の米国株式市場開場後、約14,800 BTC(約638.8億ドル)が様々なETFの保管先アドレスに移転されることが予想されています。そのうち、約4,441 BTCがGrayscale GBTCの保管先アドレスから引き出され、約10,359 BTCが他の9つのETFの保管先アドレスに預けられます。

全体の純流入量は約5,918 BTC(約255.38億ドル)です。現在、10つのBTCスポットETFの合計BTC保有量は約642,202 BTC(約277億ドル)です。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: