Binance Labs、Ethereumの流動的なリステーキングプロトコルPufferに投資

By The Block – 2024/01/30 22:10:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Binance Labs、Ethereumの流動性ステーキングプロトコルPuffer Finance

この記事と類似の記事を比較すると、主な情報のポイントは同じです。Binance LabsがPuffer Financeへの投資、他の著名な投資家の関与、そして投資の利用方法であるPufferのLayer 2ネットワークの開発とそのネイティブトークンであるpufETHの発売です。しかし、この記事には類似の記事には見られない追加の詳細があります。具体的には、非公開の投資額、Ethereumの再ステーキング分野の勢い、pufETHのBNB Chainユーザーへの導入、およびPufferのSecure-SignerツールへのEthereum Foundationからの助成金です。したがって、全体的な内容は似ていますが、この記事には報告書に価値を加える新しい事実や数字が含まれています。

仮想通貨取引所のBinanceのベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門であるBinance Labsが、EigenLayer上に構築されたEthereumの流動的なリステーキングプロトコルであるPuffer Financeに投資しました。投資額は開示されていませんが、資金はPufferのLayer 2ネットワークの開発と、BNBチェーンのユーザーに対してネイティブな流動的なリステーキングトークンであるpufETHを導入するために使用されます。Pufferは、ユーザーがステーキングとリステーキングの報酬を獲得できるようにすることを目指しています。この投資は、ClayStackやRenzo Protocolなどの他のプロジェクトが参入する中で、Ethereumのリステーキング分野が勢いを増していることに合わせて行われました。

Binance Labsの投資前に、PufferはBrevan Howard Digital、Jump Crypto、Lightspeed Factionなどの一流の投資家から資金を調達していました。このプロジェクトは、550万ドルのシードラウンドと65万ドルのプリシードラウンドを実施しました。また、Pufferは、Ethereumのバリデータがスラッシングやペナルティのリスクを軽減するためのオープンソースツールであるSecure-Signerに対して、Ethereum Foundationから12万ドルの助成金を受けています。Pufferは現在、リステーキングに参加したユーザーにポイントを付与するシステムを運営しており、メインネットの開始が近いと予想されています。

上記の要約は、ニュース記事に記載されている情報に基づいており、追加の推測や意見は含まれていません。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: