CircleがCeloネットワークでUSDCステーブルコインの発行を拡大し、クロスボーダー決済とトークン化された現実世界の資産を強化します。

By CoinDesk – 2024/01/30 23:20:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
CircleがCeloネットワークでUSDCステーブルコインを開始予定、ガバナンス投票待ち | Th

新しい記事と類似の記事の両方が、CircleのUSDCステーブルコインをCeloネットワークに拡大することについて取り上げています。両方の記事は、国境を越えた支払いとピアツーピアの取引の向上を目指しており、Celoが単独のブロックチェーンからEthereumベースのレイヤー2ネットワークに移行することも言及しています。類似の記事では、新しい記事でCLabsが提案したガバナンス投票についても言及しています。しかし、新しい記事ではUntangled FinanceとHumaがCeloネットワークに追加されることや、取引手数料がUSDCステーブルコインで支払われる提案など、類似の記事にはない新しい事実も紹介されています。したがって、全体的なトピックは同じですが、新しい記事は類似の記事に含まれていなかった追加情報を提供しています。

ステーブルコインの発行会社であるCircleは、CeloネットワークへのUSDCステーブルコインの発行を拡大しました。この動きは、現地通貨からの変換を容易にすることで、途上国におけるクロスボーダー決済やピア・ツー・ピア取引を強化することを目的としています。Celoエコシステムの開発に取り組むCLabsは、コミュニティ投票を提案し、USDCステーブルコインでのトランザクション手数料の支払いを可能にする予定です。

Celoは、債券やクレジットなどのトークン化された現実世界の資産を取り扱うプラットフォームとして位置付けられており、RWAに特化したマーケットプレイスであるUntangled FinanceやクレジットプラットフォームのHumaがネットワークに加わりました。Celoは、スタンドアロンのブロックチェーンからEthereumベースのレイヤー2ネットワークへの移行も進めています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: