Bitcoin OrdinalsプロジェクトのTaproot Wizards、Quantum Catsコレクションのミントを2回目の遅延

By CoinDesk – 2024/01/31 00:00:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Taproot WizardsのビットコインNFT「Quantum Cats」のデビューセール、技術

新しい記事と類似の記事の両方が、Taproot WizardsによるQuantum Catsコレクションの鋳造の遅延についての技術的な問題を取り上げています。両方の記事は、Taproot Wizardsが750万ドルの資金調達を行い、プロジェクトがBitcoinネットワーク上のNFTの可能性を探求することを目指していることを述べています。類似の記事では、約3,000匹のデジタルキャットの販売も言及されており、新しい記事でも同様に言及されています。しかし、新しい記事では、鋳造プロセスの再開の具体的な日付である2月1日が提供されており、この情報は類似の記事には存在しません。したがって、この記事には類似の記事にはない新しい事実が含まれています。

Bitcoin OrdinalsプロジェクトのTaproot Wizardsは、Quantum Catsコレクションのミントを2回目の遅延することを発表しました。最初は火曜日に再開する予定でしたが、2月1日に再開されることになりました。このプロジェクトは、OP_CATとして知られるBitcoinの改善提案を称えるために、約3,000匹のデジタルキャットを販売することを目指しています。

しかし、初回の販売ウィンドウ中に技術的な問題が発生し、ユーザーはミントのウェブサイトにアクセスできないという苦情が寄せられました。Taproot Wizardsの共同創設者であるUdi Wertheimerは、ユニークなミント体験を提供する試みが期待に応えられなかったことを謝罪しました。ミントプロセスは2月1日に再開され、ウィンドウが延長され、コレクションが完売するまで一般販売が行われます。

Taproot Wizardsは、7,500万ドルの資金調達を行い、Bitcoinネットワーク上の非代替トークン(NFT)の可能性を探求しています。Quantum Catsコレクションのミントの遅延は、技術的な問題やユーザーの満足度といったNFTプロジェクトが直面する課題を浮き彫りにしています。このような逆境にもかかわらず、Taproot Wizardsはユーザーに革新的なミント体験を提供することに取り組んでいます。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: