HyperVerseの疑わしいポンジ・スキームが約20億ドルを集め、偽のCEOとして俳優を雇ったとされる

By CoinDesk – 2024/01/31 01:20:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
SEC、17億ドルの仮想通貨ポンジスキームHyperFundに対して訴訟を提起
SEC、17億ドルのHyperFundスキームの創設者を詐欺で告発

新しい記事と類似の記事はすべて同じトピックについて議論しています。それは、HyperVerseとそのリーダーであるSam LeeとBrenda Chungaの詐欺行為についてです。彼らに対するSECの訴訟と刑事告発、ビジネスのポンジ・スキームの性質、そして投資家が被った大きな損失について、すべての記事が言及しています。しかし、新しい記事には類似の記事には見られない追加の詳細があります。それは、HyperVerseがHyperFund、HyperCapital、HyperTechなどのさまざまなブランドで運営されていたことを明らかにしています。また、会社の立ち上げ時にCEOを演じるために俳優が雇われたことも明らかにしています。さらに、ChungaとLeeが個人的な利用のために取った金額について具体的な数字を提供し、Leeが別の崩壊した暗号通貨会社であるBlockchain Globalに関与していたことも言及しています。したがって、全体的なトピックは同じですが、新しい記事には類似の記事にはない新しい事実と詳細が含まれています。

オンライン投資事業のHyperVerseが、約20億ドルの詐欺的な暗号通貨投資スキームを運営しているとの告発を受けています。米国証券取引委員会(SEC)と大陪審は、そのリーダーであるサム・リーとブレンダ・”ビットコイン・ビューティー”・チュンガに対して訴訟と刑事告発を行いました。SECは、HyperVerseがHyperFund、HyperCapital、HyperTechなどの様々なブランドで運営され、ピラミッド型およびポンジ・スキームで投資家を欺いたと主張しています。SECはまた、HyperFundがCEOのフリをするために俳優を雇ったとも主張しています。チュンガはSECの告発に合意し、リーとチュンガはワイヤー詐欺の共謀罪で起訴されています。

SECによると、HyperVerseは暗号通貨のマイニングからの利益を約束して投資家を引き付けましたが、新たな投資家の預金を使って既存の投資家に支払いを行っていました。チュンガは個人的に約370万ドルを受け取り、BMWやデザイナーの衣類、メリーランド州とドバイの不動産などに使っていました。一方、リーは自身の管理下のウォレットに14万ドルのデジタル資金を移動しました。SECは、リーとチュンガに不正に得た利益を返還するよう求めており、未登録の証券を提供したとして告発しています。チュンガは特定の活動の禁止と、裁判所で決定される罰金を含む和解に合意しました。

これはリーが崩壊した暗号通貨企業に関与するのは初めてではありません。彼とビジネスパートナーのライアン・シューは、オーストラリアのビットコイン企業Blockchain Globalの創設者でもあり、債権者に5800万ドルの負債があります。別の事件では、ロドニー・バートンが最近、同じ偽の投資スキームを通じて700万ドル以上を詐取したとして逮捕・起訴されました。SECの執行部長であるガービア・グリウォールは、HyperFundが投資家のポケットを掘り起こし、暗号通貨の資産ではなく利益を得たと述べています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: