Portal、テストネット中のDEXの開発に$34M調達

By Blockworks – 2024/01/31 04:38:57 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
BitcoinベースのDEXポータル、クロスチェーンの分散型取引所とウォレットのために3400万ドル
Bitcoin DEXポータル、Coinbase Ventures主導のシードラウンドで3400万ド

新しい記事と類似の記事は、すべて同じ出来事について報告しています。Portalの成功したシードファンディングラウンドでの3400万ドルの調達についてです。すべての記事は、PortalのDEXのさらなる開発を目的とした資金調達の詳細(Portalが受け取った総額4250万ドル)、Q2までのメインネットの準備状況など、同じキーポイントを述べています。資金調達ラウンドの支援者も、すべての記事で同じです。新しい記事は、Portalコミュニティの一部のメンバーの不満と、CEOの対応について追加情報を提供しています。しかし、この情報はニュースの全体的な内容や文脈を大きく変えるものではありません。したがって、新しい記事には、他の類似記事とは異なる新しい事実は含まれていないようです。

Bitcoinに焦点を当てたDeFiプロジェクトであるPortalは、シードファンディングラウンドで3400万ドルを調達し、2024年のWeb3スペースで2番目に大きな資金調達となりました。この資金は、信頼できる仲介業者を必要とせずに異なるブロックチェーン間での原子スワップを可能にするPortalの分散型取引所(DEX)のさらなる開発に使用されます。

Portal DEXは、既に2年間で4250万ドルの資金調達を受けているにもかかわらず、まだテストネットフェーズにあり、リテール投資プラットフォームのRepublicを通じて投資したPortalコミュニティの一部のメンバーは、収益を見たいという焦りを感じています。これに対し、PortalのCEOであるChandra Duggiralaは、遅延を認め、現在プラットフォームの監査、テスト、およびバリデータネットワークの設立を進めていると説明しました。Duggiralaは、プラットフォームがQ2にメインネットの準備が整うことを期待しています。Portal DEXとPortalウォレットは、企業のウェブサイトで「近日公開予定」とされており、GitHubにはPortal DEXがスワップを実行する方法についての洞察を提供するためのドキュメントとコードリポジトリが公開されています。

原子スワップにより、ユーザーは暗号ハッシュ関数を使用して異なるブロックチェーン間で直接資産を交換することができ、仲介業者の必要性を減らし、取引のセキュリティを向上させることができます。Coinbase Ventures、OKX Ventures、Gate.io、Arrington Capitalなどの注目すべき支援者がPortalのシードファンディングラウンドに参加し、プロジェクトの長期的な可能性に対する信頼を示しています。DEXの開発が続いているにもかかわらず、投資家は長期的な視点を持ち、プロジェクトの将来の成功に楽観的です。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: