グローバルX、スポットビットコインETFの申請を取り下げ

By CoinDesk – 2024/02/01 01:10:08 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
Global XがスポットビットコインETFの申請を取り下げ、注目がイーサリアムETFに移行
Global XがビットコインETFの申請を正式に取り下げ

新しい記事と類似の記事は、すべて同じ主要な出来事について報じています:Global XがスポットビットコインETFの申請を取り下げたことです。新しい記事は、他の11の発行者が1月11日に市場にETFを上場し、これらのETFが約2億5000万ドルの資金を集めたという詳細を提供しています。しかし、これらの詳細は新たな事実ではなく、ビットコインETF市場の広い文脈に関連しており、具体的にはGlobal Xの撤退に関連しているわけではありません。新しい記事はまた、Grayscale Bitcoin Trustからの大規模な流出についても言及していますが、この情報もGlobal Xに特定されるものではなく、物語の主要な内容を変えるものではありません。したがって、いくつかの追加の詳細があるにもかかわらず、新しい記事の核心情報は基本的に類似の記事と同じです。

スポットビットコイン上場投資信託(ETF)の元候補であるGlobal Xが申請を取り下げました。米証券取引委員会(SEC)は、この申請について2度の延期を行った後、Global Xが1月26日に正式に取り下げたことを明らかにしました。Global Xは、最初の申請を2021年7月に行い、2023年8月に再申請しました。この撤退は、他の11の発行者が1月11日に市場にETFを上場させた後に行われました。iShares Bitcoin Trust(IBIT)を展開するBlackRockが総フローでトップを走っています。

市場に上場されたETFは、約2億5000万ドルの資金を集めましたが、Grayscale Bitcoin Trustからの大規模な流出のため、この数字はBlackRockとFidelityのフローに比べて低いです。このファンドは、ローンチ以来約54億ドルの流出を記録しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: