共和党の下院指導部、CFPBに提案された支払い規則のデジタル資産への影響を検証するよう要請

By The Block – 2024/02/01 01:30:13 (JST)

共和党の下院指導部は、デジタル資産への潜在的な影響に関する懸念から、消費者金融保護局(CFPB)による提案された「一般的なデジタル消費者支払いアプリケーション市場の大規模参加者の定義」について、再検討を求めました。議員たちは、ルールが特定のデジタル資産エンティティに適用されるかどうかについての不確実性を表明するため、CFPBのロヒット・チョプラ局長に手紙を書きました。彼らはCFPBに対し、提案されたルールの正当性を十分に示し、その範囲と影響についてより詳細な分析を行うよう要請しました。このルールは、11月に初めて提案され、デジタルウォレットや支払いアプリなどのサービスを提供する非銀行企業をCFPBが監督する権限を与えることを目指しています。CFPBによれば、年間500万件以上の取引を処理する非銀行金融会社は、大手銀行や信用組合と同じ規則に従う必要があります。

共和党の議員たちは、CFPBのアプローチによって生じる規制上の不確実性についても懸念を表明しました。彼らは、デジタル資産取引におけるデジタル資産業界の機能性を損なう可能性があると考えています。彼らは、ルールが取引所上でのフィアットからクリプトやクリプトからクリプトの取引を完全に除外するのか、または限定的なサービスを提供する場合にのみ適用されるのかについて疑問を呈しました。もし後者が事実である場合、デジタル資産取引所は、プラットフォーム上でホストされるウォレットを介したピア・ツー・ピアの取引を拡大することをためらう可能性があります。CFPBは、この手紙を受け取り、現在それを検討していることを確認しました。

提案されたルールには業界からの反発もあり、Crypto Council for Innovation(CCI)は、規制の分散化を引き起こす可能性があると指摘しました。CCIは、CFPBが議会の指示や事前の業界関与なしに、既に州や連邦の枠組みで規制されているデジタル資産活動を監督しようとしていると主張しました。また、Coin Centerの研究部門長であるピーター・ヴァン・ヴァルケンバーグ氏は、暗号ソフトウェアの開発者やパブリッシャーは提案されたルールの対象外であるべきだと強調しました。なぜなら、それは彼らの憲法で保護された表現の自由を制約するものだからです。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: