Terraform、SECの裁判中に「重大な責任」に直面し、破産保護を申請

By Blockworks – 2024/02/01 01:38:20 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Terraform Labs、SECの訴訟に対する控訴を求めて破産申請
Terraform Labs、SECの証券詐欺訴訟を申し立てるために破産を申請

新しい記事と類似した記事は、SECの訴訟によるTerraformの破産保護申請について報じています。全ての記事は、同社が異議申し立てをする意向、CEOのクリス・アマニの関与、そしてTerraUSDの暴落の影響について言及しています。類似した記事では、SECが彼らに対して管轄権を持っていないという同社の信念についても議論されていますが、新しい記事では明示的には触れられていません。ただし、これは新しい事実ではなく、同じ問題に対する異なる視点です。新しい記事には、類似した記事でカバーされていない新しい事実や数字は提供されていません。したがって、新しい記事の内容は類似した記事の重複と見なすことができます。

ソフトウェア開発会社のTerraformは、証券取引委員会(SEC)の訴訟による潜在的な金銭判決により、破産保護を申請しました。CEOのクリス・アマニ氏は、同社が判決を満たすことができない可能性が高いと述べ、控訴のために必要な保証金を提供することもできないと述べました。取締役会は、ソフトウェア開発事業や株主価値を含む同社の利益を保護するために、第11章の申請を行うことを決定しました。Terraformは、ジェッド・ラコフ判事によって出された要約判決に対して控訴する予定であり、裁判は3月に予定されています。

SECが訴訟に成功した場合、TerraformはSECを含む債権者の間で価値を配分するために第11章の手段を利用する予定です。SECは、Terraformと創業者のド・クォンに対して「数十億ドルの暗号資産証券詐欺」を主張する訴訟を提起しました。2022年には、TerraのステーブルコインであるTerraUSDがペッグから外れて暴落し、暗号市場で大きな損失を引き起こし、CelsiusやVoyagerを含む一部の貸し手が破産を宣言しました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: