# Crypto Daily AI-Digest (’24/02/01) | Jupiter’s Rise and Bitcoin’s Seizure

本日の仮想通貨界は、JupiterのJUPトークンのローンチ、ドイツと英国警察による大規模なビットコインの押収、Rippleの共同創設者によるハッキング事件、そしてSpot Bitcoin ETFの継続的なドラマなどで賑わっていました。今日のダイジェストでこれらのニュースなどを詳しく見ていきましょう。


Headline News

JupiterのJUPトークンが大規模なエアドロップを実施し、Solanaブロックチェーンの取引が急増しました。

Jupiterのネイティブトークンは本日発売され、中央集権型取引所で取引可能となります。トークンの総供給量は100億で、発売時には13.5億のトークンが流通します。また、Jupiterは11月2日以前にプラットフォームで少なくとも1,000ドルを取引した早期ユーザー向けに、過去のエアドロップを開催します。しかし、現時点では、670,000件未満のウォレットアドレスがトークンを請求しています。

JupiterはSolana上の分散型取引所アグリゲータであり、既にBybit、Binance、Bitfinex、OKXなどの中央集権型取引所に上場しています。プロジェクトの創設者であるMeowは、トークンを初期価格0.40ドルで提供するネイティブ流動性プールを作成しました。トークンの発売と同時に、過去のエアドロップも開始され、955,000件のウォレットアドレスを対象としています。

公式配布の前に、JUPトークンはAevoというプレローンチの永続デリバティブとして取引可能でした。現在、Aevoのプレマーケットでのトークン価格は0.66ドルであり、中央集権型取引所での発売に向けて投資家には好感が持たれています。

ドイツと英国の警察が、様々な犯罪活動に関連して数十億ドル相当のビットコインを押収しました。

ドイツ警察は、これまでで最大の仮想通貨押収となる、21.7億ドル相当のビットコイン50,000枚を押収しました。これらのビットコインは、2013年に運営され、著作権法に違反した海賊サイトに関連していました。容疑者の一人が自発的にビットコインを連邦刑事警察庁(BKA)に移転しました。調査は継続中で、潜在的な商業的なマネーロンダリングに焦点を当てていますが、まだ起訴はされていません。警察は、押収されたビットコインの利用方法をまだ決定していません。

一方、アメリカ政府は現在、2013年のシルクロードから押収された2億1600万ドルを含む、95億ドル相当のビットコインを保有しています。

リップルの共同創設者が個人のXRPアカウントへの不正アクセスを報告し、重大な盗難が発生しました。

Rippleの共同創設者であるChris Larsenは、Ripple自体ではなく、彼個人のXRPアカウントがハッカーの攻撃の標的にされたことを明らかにしました。推定で約2億1300万XRP、約1億1250万ドル相当がこの攻撃で盗まれました。問題は迅速に特定され、取引所には影響を受けたアドレスを凍結するよう通知されました。捜査当局もこの調査に関与しています。このニュースを受けて、XRPの価格は4%以上下落し、長期清算が急増し、約380万ドルの損失が発生しました。同時期にBitcoinの価格も1.6%減少しました。

グローバルXのSpot Bitcoin ETF申請の撤回とEthereum ETFへの注目により、暗号通貨市場は成熟しています。

Cboe BZX Exchangeからの申請通知によると、Global Xは公式にスポットビットコイン上場投資信託(ETF)の申請を取り下げました。証券取引委員会(SEC)は1月26日に取り下げ通知を受け取りました。これは、詐欺や操作への懸念から数年にわたり不承認が続いていた中、1月10日にSECが11つのスポットビットコインETFを承認したことに続く重要な変化です。

この承認は、Grayscale InvestmentsのスポットビットコインETFに対する再審査をSECに求める裁判所の判決に続いています。Bloomberg IntelligenceのETFアナリストであるJames Seyffartによれば、Global Xの撤退は驚くべきものではありませんでしたが、注目は現在、FidelityやBlackRockなどの大手企業が最近になってスポットイーサリアムETFの可能性に向けて申請していることに集まっています。

FTXは破産清算において顧客に完全な補償を行い、取引所の再開計画を放棄する予定です。

FTXという破産した仮想通貨取引所は、買い手不足のためプラットフォームの再開を行わず、顧客に完全な返済を行うことを発表しました。この取引所は、元CEOのサム・バンクマン・フリード氏が顧客資金を横領したとして有罪判決を受けたにもかかわらず、破産清算において仮想通貨の顧客に完全な補償を行う予定です。このニュースにより、取引所のネイティブトークンであるFTTの価値が11%以上急上昇しました。


Pickup News

Terraform、SECの裁判中に「重大な責任」に直面し、破産保護を申請

ソフトウェア開発会社のTerraformがSECの訴訟により破産保護を申請。CEOは判決を満たせず、控訴の保証金も提供できないと述べた。第11章の申請を行い、利益を保護する予定。SECは数十億ドルの訴訟を提起。TerraUSDの暴落で一部の貸し手が破産宣言。

バイナンス、韓国の仮想通貨取引所Gopaxの株式保有削減を検討

仮想通貨取引所Binanceが、韓国のGopaxの株式売却を検討中。流動性問題とコンプライアンス懸念に対処するため、株式を他社に売却する計画。GopaxはFSCの登録変更の承認を得られず、Binanceは最大株主から2番目の株主に。詳細は2か月以内に提供予定。

Tether、2023年第4四半期に29億ドルの利益を報告、余剰準備金は54億ドルに達する

Tetherは2023年第4四半期に史上最高の純利益29億ドルを報告し、余剰準備金は54億ドルに達しました。準備資産は970億ドル以上で、90%以上が現金で裏付けられています。透明性と責任ある財務管理に取り組んでいます。

EthereumのDencunアップグレードがSepoliaテストネットで成功し、手数料が低下しスケーラビリティが向上しました。

EthereumのDencunアップグレードが成功し、手数料が低下しスケーラビリティが向上しました。次は2月7日にHoleskyでアップグレードを開始し、メインネットの開始日を発表します。Dencunでは新しいデータストレージメカニズム「blobs」が導入されます。

ワールドコイン、個人情報プライバシーの懸念で香港で調査を受ける

香港の個人情報保護委員会がWorldcoinのデータプライバシーに関する懸念から調査を実施。バイオメトリックデータの取り扱いに問題がある可能性を疑っています。調査の進展に注目。

Share on: