Curve創設者、CRVトークンのロックアップ期間終了とともに、3,750,000 CRVトークンがBinanceへ移動

By PANews – 2024/02/01 10:49:41 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
CRVの「倫理的なロックアップ」期間が終了し、2人の投資家がわずかな売却を行う

新しい記事と類似の記事の両方が、Curveの創設者であるMichael Egorovが販売したCRVトークンのロックアップ期間の終了について言及しています。しかし、新しい記事には類似の記事には見られない追加情報が提供されています。具体的には、ロックアップ期間終了後に最初にCRVを転送した購入者は黄立成であり、彼は375万CRVトークンを償還し、それらをBinanceに転送しました。新しい記事はまた、黄立成がこの取引から得た利益について具体的な数字を提供しています。これらの詳細は類似の記事には存在せず、ただ2人の投資家がCRVトークンを少量売却したことのみが言及されています。したがって、新しい記事には類似の記事に含まれていない新しい事実が含まれています。

Curve創設者のマイケル・エゴロフ氏が昨年オーバーザカウンターで売却したCRVトークンのロックアップ期間が本日終了しました。ロックアップ期間終了後、最初にCRVを移転したのは黄立成(MachiBigBrother.eth)氏です。彼は3,750,000 CRVトークン(約1,750,000ドル相当)を償還し、Binanceに移動しました。黄立成氏は昨年8月に1,500,000 USDTでトークンを購入し、価格は0.4ドルでした。現在売却すると、利益は250,000ドル(+16%)になります。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: