米国株式市場が開場後、約13,476 BTCがETFの保管先アドレスに移される見込み

By PANews – 2024/02/01 20:29:21 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
米国株式市場開場後、約14,800 BTCがETFの保管先アドレスに移転予定
米国株式市場が開場した後、約15,804 BTCがETFの保管先アドレスに移転予定

米国株式市場の開場後、BTCがさまざまなETFの保管アドレスに移転されるという新しい記事と類似の記事がすべてBTCの予想流入・流出および純流入の具体的な数字を提供しています。ただし、この記事で提供される具体的な数字は、類似の記事とは異なります。たとえば、この記事では約13,476 BTCの移転が予想されていると報告されていますが、類似の記事では約14,800 BTCと15,804 BTCの移転が予想されています。さらに、この記事ではGrayscale(GBTC)の保管アドレスとFidelity(FBTC)の保管アドレスの予想流入・流出の具体的な数字も提供されていますが、類似の記事では提供されていません。したがって、全体的な内容は類似していますが、この記事は類似の記事に含まれていない新しい具体的な詳細を提供しています。

PANewsは2月1日に報じたところによると、オンチェーンアナリストのYu Jinによれば、1月31日のビットコインスポットETF資金の流入/流出に基づき、米国株式市場が2月1日に開場した後、約13,476 BTC(約573.04百万ドル相当)がさまざまなETFの保管先アドレスに移される見込みです。そのうち、Grayscale(GBTC)の保管先アドレスでは、約4,414 BTCが流出する見込みです(1月31日の流出額は約187.68百万ドル)。残りの9つのETFの保管先アドレスでは、約9,062 BTCが流入する見込みです(1月31日の流入額は約385.36百万ドル)。その中で、Fidelity(FBTC)の流入額は5,459 BTC(約232.11百万ドル相当)で、Grayscaleの流出額を上回ります。

10つのETF全体の純流入額は、約4,648 BTC(約197.68百万ドル相当)と推定され、資金の純流入が4日連続となります。現在、10つのビットコインスポットETFの保管先アドレスは、合計で約649,113 BTC(約27.6十億ドル相当)を保有しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: