Jupiter、トークン発行後に1日の取引高で約14億ドルを記録

By The Block – 2024/02/01 21:00:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Jupiterトークンが本日発売、取引は中央集権取引所で開始されます
JupiterのJUPトークン、Solanaウォレットへの巨額な700億ドルのエアドロップ後に急騰

新しい記事と類似の記事は、ジュピターのネイティブトークンの発売とその後の取引高について議論しています。これらの記事は、11月2日までにプラットフォームで少なくとも1,000ドルを取引した早期ユーザーを対象とした初期トークンのエアドロップについて触れています。しかし、新しい記事では、類似の記事にはなかった取引高、トークン価格、および請求されたトークンの数の最新の数字を提供しています。新しい記事では、取引高が約14億ドル、トークン価格が0.60ドル、450,000以上のアドレスで62.9%のJUPトークンが請求されたと報告されています。これらは、類似の記事では報告されていなかった新しい事実です。したがって、全体的な内容の類似性にも関わらず、新しい記事には新しい情報と更新された情報が含まれており、他の記事とは異なるものとなっています。

SolanaのDEXアグリゲーターであるJupiterは、ネイティブトークンの発行後、過去24時間で約14億ドルの取引高を記録しました。この取引高は、Jupiterが最近の日々で見てきたものの2倍以上であり、この期間のトップDEXプラットフォームとなっています。Jupiterトークンの発行とエアドロップにより、Solanaネットワーク上の活動が急増し、web3ウォレットのPhantomは前例のないトラフィック量を報告しています。JUPトークンは0.40ドルで取引が開始され、現在は0.60ドルで取引されており、50%の上昇を示しています。このトークンの時価総額は8.08億ドルで、完全に希釈された価値は60億ドルです。

Jupiterはまた、11月2日以前にプラットフォームで少なくとも1,000ドルを取引した早期ユーザーの955,000のウォレットアドレスを対象に、初期トークンのエアドロップを実施しました。現在、450,000以上のアドレスで62.9%のJUPトークンが請求されています。プロジェクトは、合計10億トークンのうち4億トークン、またはJupiterの総供給量の40%を、4つのフェーズにわたってユーザーにエアドロップする予定です。しかし、トークンの発行には一部のユーザーからの批判もあり、チームがトークンを一般の人々に販売するために発行プールを使用しているとの指摘がありました。プロジェクトの創設者であるMeowは、チームが発行プールの仕組みについて透明性を持っていたと述べ、チームの割り当てがトークン供給量の2.5%に減少したことを明らかにしました。Meowは、このアプローチにより、購入意欲のある人々に保証を提供し、エアドロップの受取人が大きなプールに売却することができると強調しました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: