Astar zkEVM、2月にYoki Origins NFTキャンペーンと共にローンチ予定

By NFT Plazas – 2024/02/01 21:00:27 (JST)

日本のweb3プラットフォームであるAstar Networkは、Polygonを活用したAstar zkEVMのローンチを2月下旬に発表しました。Astar zkEVMは、ウェブ3プロジェクトがセキュアでスケーラブルなプラットフォームを利用して経験を拡大し、Ethereumで利用可能なセキュリティとツールを活用することができます。このローンチは、Astar Networkの「Yoki Origins」NFTプロジェクトと同時に行われ、ユーザーは「妖怪」と呼ばれる日本の伝説の精霊にインスパイアされたNFTを収集することができます。このプロジェクトは、日本と広範なウェブ3エコシステムの架け橋を築くことを目指しています。

Astar zkEVMは、Polygonを活用したEVMであり、Ethereumベースのスマートコントラクト、開発者ツール、ウォレットとシームレスに統合されています。これは、Astar Networkがゲーム、エンターテイメント、エンタープライズブランドをブロックチェーン技術とつなげるユーザーフレンドリーなソリューションを提供し、グローバルなウェブ3の普及を推進する取り組みの一環です。Quickswap、Rarible、LayerZeroなど、いくつかのウェブ3プロジェクトやサービスプロバイダーが既にAstar zkEVMを利用しており、今後はさらに日本の企業も参加する予定です。

「Yoki Origins」NFTプロジェクトでは、ユーザーは「Yo-Ports」と呼ばれるインタラクティブなカプセルマシンから「妖怪」を収集し、人気アーティストや企業のデザインでアップグレードすることができます。このプロジェクトでは、ソーシャルメディアアカウントのログインや従来のカード決済もサポートされており、ウェブ3の知識がないユーザーにもアクセスしやすくなっています。Astar Networkは、日本と広範なウェブ3エコシステムの架け橋を築き、近い将来、日本の大手企業や有名なIP、著名な産業のプロジェクトを発表する予定です。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: