Cube.Exchange、シリーズAラウンドで1,200万ドルを調達し、評価額は1億ドルに達する

By The Block – 2024/02/01 21:10:05 (JST)

Cube.Exchangeは、まだ公開されていないハイブリッド暗号通貨取引プラットフォームで、シリーズAの資金調達ラウンドで1200万ドルを調達しました。このラウンドは、6th Man Venturesをリードとし、GSR Markets、ParaFi Digital、Susquehanna Private Equity Investments、Everstake Capitalなどが参加しました。Cube.Exchangeは、オフチェーンの注文マッチングとオンチェーンの決済を組み合わせたハイブリッドモデルを採用しており、ユーザーは資産を取引のために取引所の保管口座に移す必要なく、資産の所有権を保持することができます。現在、プラットフォームはBitcoin、Ethereum、Dogecoin、Solanaなどの人気のある暗号通貨にネイティブに決済しており、将来的にはさらにLayer 1ネットワークをサポートする予定です。

Cube.Exchangeは現在、早期アクセスモードであり、ユーザーはCubeが提供するさまざまなリワードと交換できるポイントを獲得することができます。たとえば、最近ではBonkトークンを約25万ドル相当配布するプログラムが行われました。また、現在、約2.5万ドルまたは1億7500万GECKOトークンのリワードプールが進行中です。しかし、Cubeは独自のトークンを発行する即時の計画は持っていません。新たな資金調達により、Cubeはチームを大幅に拡大し、さまざまな機能でライセンスを取得する予定です。現在、Cubeはポーランドで仮想資産サービスプロバイダーライセンスを保持し、カナダではマネーサービスビジネスライセンスを保持しており、オーストラリアでは現物取引の運営に必要な要件を満たしています。シリーズAラウンドの一環として、6th Man Venturesの創設者であるMike DudasがCubeの取締役に加わりました。

要約すると、Cube.ExchangeはシリーズAの資金調達ラウンドで1200万ドルを調達し、評価額は1

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: