Superstate、Ethereumブロックチェーン上で米国債のトークン化ファンドを開始

By CoinDesk – 2024/02/02 00:10:06 (JST)

ブロックチェーンベースの資産管理企業であるSuperstateは、Ethereumブロックチェーン上で初の米国債のトークン化ファンドを開始しました。このファンドでは、投資家は短期の米国債を直接保有し、連邦基金利率に合わせたリターンを目指すことができます。投資家は米ドルまたはCirclesのUSDCステーブルコインを預け入れ、自身の投資を表すUSTBトークンを受け取ることができます。トークンは自己保管するか、SuperstateのパートナーであるAnchorage DigitalとBitGoの保管サービスを利用することもできます。Superstateは市場のフィードバックに基づいて他の投資戦略をトークン化する予定です。

Superstateのトークン化された米国債ファンドの開始は、現実世界の資産のトークン化(RWA)が業界で注目されるトレンドとなっている中で行われました。米国債は、ブロックチェーンエコシステムを離れることなく安定した利回りを得ることができる低リスクな手段として見られています。トークン化された米国債市場は急速に成長し、過去1年間で1億1700万ドルから8億6200万ドルに拡大しました。SuperstateのUSTBは現在、シード投資を主にして1,000万ドルの資産を管理しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: