暴騰する仮想通貨市場での急成長に続き、Polygon Labsが19%のチームを解雇

By The Block – 2024/02/02 01:00:06 (JST)

Polygon Labsは、仮想通貨Polygon(MATIC)を手掛ける組織であり、CEOのMarc Boironによると、19%のスタッフを解雇することを発表しました。Boironは、前回のブルマーケットでの急成長が、同社がインターネットを根本的に変革し、誰もがその価値に公平にアクセスできるようにするという使命を追求する能力を低下させたと述べました。この決定は、約1年前に20%のスタッフを解雇したことに続くものです。Boironは、解雇は財務上の理由ではなく、むしろ同社が使命を効果的に遂行するための質に戻る必要があると強調しました。

解雇にもかかわらず、Polygon Labsは新たな開発に積極的に取り組んでいます。彼らはAggLayerという新しいソリューションをリリースする予定であり、これはブロックチェーンとゼロ知識証明を結びつけることを目指しています。この技術は、ブロックチェーンネットワークの拡張性とプライバシーの向上に重要な影響を与える可能性があります。さらに、同社は最近、Fox Corporationとの提携を発表し、Verifyというブロックチェーンベースのプラットフォームを立ち上げる予定です。このプラットフォームは、AI企業とのコンテンツライセンス契約を円滑に進めることができ、ブロックチェーン技術の利点を活用します。

解雇はPolygon Labsにとっては一時的な挫折かもしれませんが、同社は使命に忠実であり、従業員の福祉を確保するための措置を講じています。Boironは、全従業員の総報酬を15%増やし、従来の地理的報酬モデルを廃止することを発表しました。これらの措置は、同社がチームに対する献身を示し、暗号通貨業界での進展を続ける決意を示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: