BTCとETHがリスクオフのセンチメント拡大に伴い反発

By Blockworks – 2024/02/02 03:13:42 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ビットコイン上昇、株とイーサリアム下落、連邦準備制度会議の決定を前に
米連邦準備制度理事会(Fed)のパウエル議長が利下げ期待を冷やす発言をしたことで、ビットコイン(BT

新しい記事と類似の記事は、連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の発言が暗号通貨市場と株式市場に与える影響について議論しています。彼らはすべて、利下げの予想とそれが市場に与える潜在的な影響に言及しています。しかし、新しい記事には類似の記事には見られない追加情報が提供されています。それは、ニューヨーク・コミュニティ・バンコープの予期せぬ損失と配当の削減について触れ、銀行システムの強さに疑問を投げかけました。また、連邦公開市場委員会は、2023年3月以来、アメリカの銀行システムの健全性と強靭性を強調していた声明から一部の文言を削除したことも述べています。この新しい情報は市場状況に異なる視点を提供し、読者に興味を引く可能性があります。したがって、類似点があるにもかかわらず、新しい記事には新しい事実が含まれており、他の記事とは異なるものとなっています。

リスクオフのセンチメントが広がる中、連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が今春以降の利上げは起こらないと示唆したことで、仮想通貨と株式市場はわずかに反発しました。パウエル議長は労働市場の予期せぬ弱含みがある場合にのみ利下げが行われると述べました。パウエル議長の記者会見中に一時下落しましたが、市場は利上げ決定前の水準に回復しました。トレーダーは、3月に利下げの可能性が40%、最初の減少が5月にあるという見通しを示しています。FRBが長期間にわたり利上げを続けているとの懸念から、市場は懐疑的な姿勢を示しています。

ニューヨーク・コミュニティ・バンコープの予想外の損失と配当カットにより、株式市場は苦境に立たされました。これにより、銀行システムの強さに疑念が生じ、リスクオフの領域にトレーダーが進んでいます。FRBの声明からは、2023年3月以来強調されていた「アメリカの銀行システムは健全で強靭である」という一文が削除されました。ビットコインとイーサリアムもリスクオフのセンチメントにより水曜日に下落しましたが、木曜日にはわずかに回復しました。なお、ビットコインは2023年の銀行危機時に「代替」の物語に投資家が傾倒したことが注目されます。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: