# Crypto Daily AI-Digest (’24/02/02) | Bitcoin’s Rollercoaster and Jupiter’s Launch

本日の仮想通貨デイリーAIダイジェストへようこそ。ビットコインの価格変動、ジュピターのトークン発売、FTXの破産手続き、およびGrayscaleのビットコイン保有に関するニュースで仮想通貨界は大いに盛り上がっています。また、Celsius Networkの破産情報、Superstateのトークン化ファンド、DZ Bankの仮想通貨取引パイロット、およびPolygon Labsのスタッフ削減に関する最新情報もあります。続報をお楽しみに!


Headline News

連邦準備制度理事会の利下げ期待によるビットコインの価格変動

連邦準備制度理事会(Fed)のパウエル議長の発言により、ビットコイン(BTC)や他の仮想通貨の価格が下落しました。Fedは年初の初めての会合で、基準となる連邦準備制度基金金利の範囲を5.25%〜5.5%のままに据え置くことを決定しました。市場参加者は、Fedがいつ金利を引き下げるかについての手がかりを期待していましたが、パウエル議長は3月の利下げは考えにくいと示しました。その結果、BTCは過去24時間で2.3%下落し、42,300ドルになりました。イーサ(ETH)やCardano(ADA)、Avalanche(AVAX)、Polkadot(DOT)などの主要な仮想通貨も価値を下げました。

仮想通貨の下落は、ナスダックが2.2%下落し、S&P 500が1.6%下落した伝統的な市場のパフォーマンスと一致しています。パウエル議長の発言前は、3月の利下げの確率は約65%でしたが、現在は34.5%に低下しました。アナリストは、長期にわたる高金利の時期についての鷹派的な言葉遣いが株式市場の修正を引き起こす可能性があると指摘しています。

Jupiterのトークン発売とそのデイリーボリュームへの影響

SolanaのDEXアグリゲーターであるJupiterは、ネイティブトークンの発売後、過去最高の1日取引高を記録し、約14億ドルに達しました。Jupiterトークンの発売とエアドロップにより、Solanaネットワーク上での活動が急増し、Web3ウォレットのPhantomは前例のないトラフィック量を報告しました。JUPトークンは0.40ドルで取引が開始され、現在は0.60ドルで取引されており、50%の上昇を示しています。Jupiterはまた、11月2日以前にプラットフォームで少なくとも1,000ドルを取引した早期ユーザーの955,000のウォレットアドレスを対象に、初めてのトークンエアドロップを実施しました。Solanaブロックチェーンは、約1,000,000のウォレットに対して約7億ドル相当のJUPトークンを配布するという、これまでで最大のトークンエアドロップを成功裏に実行しました。トークン発売が公開販売に似ているという懸念が提起されましたが、Jupiterへの支持は強いままです。

FTXの破産手続きと暗号通貨顧客への影響

現在破産手続き中の仮想通貨取引所FTXは、裁判の公聴会によれば、顧客への完全な返済を予定していると発表しました。FTXは、買い手不足のためプラットフォームの再開計画を断念し、元の顧客への完全な補償に注力しています。返済手続きでは、被告はFTXで失った資産の証拠を提出する必要があり、再構築アドバイザーによって審査されます。FTXの崩壊により、約1,500万人が合計300億ドルから350億ドル相当のさまざまな仮想通貨を失いました。FTXのネイティブトークンであるFTTは、このニュースを受けて最初に50%以上急騰しました。

グレイスケールのビットコイン保有量の変動

デジタル資産管理会社のGrayscaleは、約2億6600万ドル相当の6,271 BTCをCoinbase Primeアドレスと他の2つのウォレットに移転しました。この移転は、Grayscaleが当日の早い段階でFlow Tradersに一部を移転した後のものであり、移転されたBTCの総量は6,582になります。Grayscaleは現在、約492,000 BTCを保有しており、その総価値は約209億ドルです。さらに、GrayscaleのGBTC Bitcoinの保有量は1月31日に約5,086コイン減少し、2月1日の米国株式市場の開場後に約13,476 BTCがさまざまなETFの保管アドレスに移転される見込みです。

セルシウスネットワークの破産からの復活と債権者への支払い

Celsius Networkは、Chapter 11の倒産手続きから成功裏に脱出し、債権者に対して30億ドル相当の仮想通貨と法定通貨を配布し始めました。再編計画の一環として、債権者が所有する新しいビットコインマイニング会社であるIonic Digitalが設立されます。マイアミを拠点とするマイニング会社Hut 8がIonic Digitalのマイニング業務を監督します。Celsiusは、モバイルアプリとウェブアプリを閉鎖する予定です。同社は規制当局からの訴訟に直面し、創業者のAlex Mashinskyは9月に詐欺の裁判にかけられる予定です。


Pickup News

Superstate、米国政府証券のためのEthereumベースのトークン化ファンドを開始

トークン化資産管理企業のSuperstateが、米国政府証券のためのEthereumベースのトークン化ファンドを開始しました。USTBは、短期間の米国財務省および米国機関証券に投資し、連邦基金利率をターゲットとしています。

ドイツ第2位の銀行、DZ銀行が今年中に仮想通貨取引のパイロットを開始予定:Bloomberg

ドイツ第2位の銀行、DZ銀行が今年中に仮想通貨取引のパイロットを開始予定。顧客向けにさまざまな仮想通貨を上場し、アドバイスなしで投資できるようにする予定。DZ銀行は仮想通貨の保管プラットフォームもリリース済み。ビットコイン取引に進出する。

暴騰する仮想通貨市場での急成長に続き、Polygon Labsが19%のチームを解雇

仮想通貨企業Polygon Labsが19%のスタッフを解雇。使命達成のため質の向上を強調。新たな開発にも取り組み、AggLayerをリリース予定。Fox Corporationとの提携も発表。従業員の福祉確保のため報酬増額。使命に忠実で進展を続ける決意を示す。

2024年1月、仮想通貨ユーザーはハッキングと詐欺事件で1億2,600万ドル以上を失った

2024年1月、仮想通貨ユーザーはハッキングと詐欺事件で1億2,600万ドル以上を失ったと報告されました。DeFiが攻撃の主な標的であり、EthereumとBNBChainが最も脆弱なブロックチェーンでした。 #仮想通貨 #ハッキング #詐欺

Binanceがハマスと他のテロ組織の資金提供に関与したとして訴えられる

Binanceがハマスと他のテロ組織の資金提供に関与したとして訴えられる。イスラエルのハマスの人質と犠牲者の家族が訴訟を起こし、Binanceが関与していたと主張。Binanceは要請により関連アカウントを凍結。詳細はこちら。


Funding News

Cube.Exchange

  • 投資家: [‘6th Man Ventures’, ‘GSR Markets’, ‘Foundation Capital’, ‘ParaFi Digital’, ‘Susquehanna Private Equity Investments’, ‘Everstake Capital’]
  • 調達金額: $12,000,000
  • 累計調達金額: $12,000,000
  • 評価額: $100,000,000
  • Series: A
  • 企業概要: Cube.Exchangeは、オフチェーンの注文マッチングとオンチェーンの決済を組み合わせたハイブリッド暗号通貨取引プラットフォームです。これにより、ユーザーは資産を取引所の保管口座に移す必要なく、所有権を維持することができます。現在、このプラットフォームはBitcoin、Ethereum、Dogecoin、Solanaなどの人気のある暗号通貨にネイティブに決済しており、将来的にはさらにLayer 1ネットワークのサポートも予定しています。Cube.Exchangeは現在、早期アクセスモードであり、ユーザーにはさまざまな報酬と交換できるポイントが提供されています。
  • 関連記事: Cube.Exchange、シリーズAラウンドで1,200万ドルを調達し、評価額は1億ドルに達する

Velar

  • 投資家: [‘Bitcoin Startup Lab’, ‘CMS Holdings’, ‘Black Edge Capital’, ‘GBV’, ‘Cypher Capital’, ‘Trust Machines SPV’, ‘Transform Capital’, ‘Maple Block’, ‘Samara Asset Group’]
  • 調達金額: $3,500,000
  • 累計調達金額: $3,500,000
  • 評価額: None
  • Series: Seed
  • 企業概要: Velarは、ビットコインの新興DeFiエコシステム向けに分散型金融(DeFi)ツールを開発している暗号通貨取引のスタートアップです。彼らはビットコインネットワークを活用した初の永続スワップ取引所を立ち上げる予定です。彼らのArthaプラットフォームは、2024年第2四半期にローンチ予定で、sBTCを担保としてレバレッジ取引が可能になります。
  • 関連記事: CryptoスタートアップのVelarが3,500万ドルを調達し、BitcoinのDeFiツールと永続スワップ取引所を構築する

Stride

  • 投資家: [‘stTIA Holders’]
  • 調達金額: $18,000,000
  • 累計調達金額: $18,000,000
  • 評価額: None
  • Series: Airdrop
  • 企業概要: Strideは、トークンの分散に焦点を当てたインターチェーンのリキッドステーキングソリューションです。彼らは、stTIAを「モジュラーマネー」としてのビジョンをサポートすることを目指しています。Strideは、CelestiaのTIAトークンが異なる道を歩み、オンチェーンの利用と速度を向上させることができると信じています。彼らは、stTIA保有者のために可能な限り多くのエアドロップを確保することに取り組んでおり、TIAステーカーにエアドロップを計画している多くのチームと連絡を取り合って、stTIAの受け入れを支援しています。
  • 関連記事: StrideがstTIA保有者に5百万STRDトークンをエアドロップ、1800万ドル相当の配布

Saltwater

Share on: