米国議員、SECの暗号通貨会計ポリシー「SAB 121」の覆撤を求める決議案を提出

By CoinDesk – 2024/02/02 07:20:06 (JST)

シンシア・ラマス上院議員やワイリー・ニッケル下院議員、マイク・フラッド下院議員を含む米国議員が、米国証券取引委員会(SEC)の「SAB 121」として知られる会計ポリシーを覆すために上院と下院に決議案を提出しました。このポリシーは、顧客の暗号資産を保有する企業に制限を課しています。SECのSAB 121では、企業は顧客の暗号通貨を自社の貸借対照表に含める必要があり、これにより、銀行は関連するリスクを緩和するために相当な資本を維持する必要が生じる可能性があります。この動きはデジタル資産業界から批判を浴びています。議員たちは、会計ルールを正式に否認し、その法的効力はないと主張するために、議会審査法を利用しています。

デジタル商工会議所などの暗号通貨ロビー団体は、議員たちの取り組みを称賛しています。彼らはSAB 121の厳格な要件について、保管業者が貸借対照表上で負債と同等の資産を維持することを義務付けることが、金融機関がデジタル資産の保管オプションを提供することを妨げると主張しています。商工会議所のCEOであるペリアンヌ・ボーリング氏は、この要件はパリティを要求しており、ビットコインを100ドル保有する場合、同等の資産も100ドルを貸借対照表上で保持する必要があると述べています。議員たちの決議案は、SECによる規制の過剰さに対処することを目指しています。彼らは、SECが慎重な規制当局との協議を行わず、通知とコメントの手続きを経ずにSAB 121を発行したと主張しています。決議案はSECの業務を撤回し、議会が規制行為を監視する役割を強調しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: