米国、ビットコイン価格上昇を根拠にした「緊急」要請に応じ、暗号通貨マイナーのエネルギー使用データを収集へ

By The Block – 2024/02/02 07:50:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
EIA、暗号通貨マイニングのエネルギー使用データ調査で批判を浴びる
米国エネルギー省、ビットコインマイナーの電力消費に関する調査を実施

新しい記事と類似の記事は、EIAがアメリカの仮想通貨マイニング企業の電力消費データを収集する計画について取り上げています。どちらの記事も、EIAがこのデータ収集の承認を受けたこと、その目的が仮想通貨マイニング活動のエネルギーへの影響を分析し、成長の高い地域を特定し、使用される電力の源を数量化することであることを述べています。しかし、新しい記事には類似の記事にはなかった追加情報が記載されています。それによると、データ収集の緊急要請は、最近の数ヶ月間におけるビットコインの50%の価格上昇により、仮想通貨マイニング活動と電力消費が増加したことを正当化しています。また、寒波によるテキサスの電力網規制機関からの制限要請により、ビットコインのネットワークハッシュレートが推定で25%減少したことについての詳細も提供しています。さらに、EIAのデータ収集要請は次の6ヶ月間有効であり、予算管理局が調査に対して年間193,152ドルの同等コストを承認したことを明記しています。したがって、全体のトピックは同じですが、新しい記事には類似の記事にはなかった新しい事実と詳細が含まれています。

米国のエネルギー情報管理局(EIA)は、同国内の暗号通貨マイニング企業の電力消費データを収集することを開始します。EIAは「データの緊急収集要請」の承認を受け、来週から特定の暗号通貨マイニング企業を調査します。EIAは、暗号通貨マイニング活動のエネルギーへの影響を分析し、成長の高い地域を特定し、使用される電力の源を数量化する予定です。緊急要請は、ビットコインの過去数ヶ月間の50%の価格上昇を根拠としています。これにより、暗号通貨マイニング活動と電力消費が増加しました。

EIAは、この問題の新興かつ急速に変化する性質により、信頼性のあるデータを生成するための緊急性を表明しました。増加した暗号通貨マイニングと電力システムのストレスは、電力市場に不確実性をもたらし、システムの運用や消費者価格に影響を及ぼす可能性があります。ただし、一部の専門家は、ビットコインが需要応答によって電力グリッドを安定化させると主張し、緊急要請には異議を唱えています。今月初め、ビットコインのネットワークハッシュレートは、テキサスの電力網規制機関からの制限要請により、推定25%減少しました。

EIAのデータ収集要請は、今後6ヶ月間有効であり、予算管理局は調査に対して年間193,152ドルの費用を承認しました。EIAはまた、米国の暗号通貨マイナーのエネルギー使用について公開コメントを募集する予定です。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: