Polygon Labs、急成長による課題に直面し、スタッフの19%を削減を発表

By The Block – 2024/02/02 08:00:06 (JST)

Polygon Labsは、仮想通貨Polygon(MATIC)を手掛ける組織であり、スタッフの19%を削減することを発表しました。この決定は、CEOのMarc Boironが、前のブルマーケットでのチームの急成長が、インターネットを根本的に変革し、誰もがその価値に公平にアクセスできるようにするという同社の使命を追求する能力を低下させたと認識したことによるものです。この動きは、約1年前に行われた20%のスタッフ削減と続き、市場の変動期における労働力の管理に直面する同社の課題を示しています。

Boironは、削減は財務上の理由ではなく、むしろ同社が使命を効果的に遂行するための資質に焦点を当てる必要があると強調しました。残りの従業員をサポートするため、Polygon Labsは全スタッフの総報酬を15%増額することを実施します。これにより、必要なスタッフ削減にもかかわらず、同社が意欲的で献身的なチームを維持することへの取り組みが示されています。

スタッフ削減にもかかわらず、Polygon Labsは仮想通貨業界でのイノベーションと拡大に取り組んでいます。同社は、ブロックチェーンとゼロ知識証明を結びつけることを目指す「AggLayer」という新しいソリューションのリリースを計画しています。この技術は、ブロックチェーンネットワークの効率とセキュリティを向上させる可能性があります。さらに、Polygon Labsは最近、Fox Corporationとの提携を発表し、AI企業とのコンテンツライセンス契約を交渉するブロックチェーンベースのプラットフォーム「Verify」を立ち上げる予定です。これにより、同社は進化する仮想通貨の世界で新たな機会とパートナーシップを探求する取り組みを示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: