FTXを標的とした4億ドルのSIMスワッピングハックでDOJが3人を起訴

By The Block – 2024/02/02 11:30:06 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
FTXの破産日におけるSIMカードスワップ攻撃による4億ドル以上の被害:DOJが明らかに
FTXハックの謎が解明される可能性:3人が盗難とハッキング陰謀で起訴

新しい記事と類似の記事はすべて同じ事件について取り上げています。FTXを標的としたSIMスワッピングハックで、4億ドルの損失が発生しました。すべての記事は、DOJによって起訴された3人、Robert Powell、Emily Hernandez、Carter Rohnについて言及し、彼らの犯罪の手法についても触れています。FTX従業員のAT&Tアカウントへの不正アクセス、その後のFTXのオンラインアカウントの解除、仮想通貨の盗難に関する詳細も、すべての記事に含まれています。さらに、すべての記事は、FTXが以前抱えていた問題についても触れており、Chapter 11の破産申請や創業者兼元CEOのSam Bankman-Friedへの告発も取り上げられています。新しい記事には、類似の記事で既にカバーされている新しい事実や数字はありません。

FTXを標的としたSIMスワッピングハックで、米国で3人が起訴されました。先週、連邦裁判所に提出された起訴状によれば、Robert Powell、Emily Hernandez、Carter Rohnの3人は、協力してSIMスワッピング攻撃を行い、FTXから4億ドル以上を盗んだとされています。起訴状では明示的にFTXを被害者とはしていませんが、Bloombergによると、起訴状ではFTXが「被害者企業1」としてリストされています。3人はワイヤーフラウドとアイデンティティ盗用の共謀で起訴されています。

起訴状によると、犯人たちはFTXの従業員のAT&Tアカウントに不正な身元を使ってアクセスしました。その後、FTXのオンラインアカウントを解除し、約4億ドル相当の暗号通貨を盗んだとされています。FTXは以前、幹部による顧客資金からの利益供与の告発を受け、2022年11月に第11章の破産を申請しました。創業者兼元CEOのSam Bankman-Friedは、FTXの投資家を詐欺した罪で有罪判決を受け、現在は潜在的な刑務所刑を受けています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: