「米上院議員ラミス氏、デリケートな協議中の米国暗号通貨法について楽観的」というタイトルが適切です。

By CoinDesk – 2024/02/02 17:10:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
2024年に新しい暗号通貨の法制度について、共和党のフレンチ・ヒル議員は楽観的

新しい記事と類似の記事は、アメリカにおける暗号通貨の規制、特にステーブルコインの規制についての話題を取り上げています。しかし、新しい記事は、アメリカ上院議員のシンシア・ラミス氏の視点と、彼女のステーブルコイン規制の進展に対する楽観を中心に取り上げています。また、ビットコインETF市場における主要金融機関の関与も言及されており、これが規制の必要性を裏付けています。一方、類似の記事は、共和党のフレンチ・ヒル議員の見解と、2024年における新たな暗号通貨の規制に対する彼の楽観を中心に取り上げています。類似の記事では、新しい記事では触れられていない「Clarity for Payment Stablecoins Act」と「Financial Innovation and Technology for the 21st Century Act」についても言及しています。さらに、類似の記事では、暗号通貨を巡る資金洗浄やテロ資金供与の問題にも深く踏み込んでいますが、新しい記事ではそれには焦点を当てていません。したがって、全体的なトピックは似ていますが、新しい記事は類似の記事ではカバーされていない新しい視点と情報を提供しています。

米上院議員のシンシア・ラミス氏は、アメリカでステーブルコイン発行業者を規制する法律の協議が進行中であると述べました。ラミス氏は暗号通貨政策の強力な支持者であり、ステーブルコインの規制法案が今年成立する可能性が高いと考えており、連邦準備制度理事会からも好意的なフィードバックを受けています。ただし、選挙シーズンに近づくにつれて、立法問題に集中することが難しくなることを認識しています。下院では進展が見られますが、上院銀行委員会は今年の暗号通貨法案に対してまだ十分な関心を示していません。

ステーブルコイン(USDTやUSDCなど)は、暗号通貨市場において変動の激しい資産との取引に安定した手段として重要な役割を果たしています。過去の立法の取り組みでは、ステーブルコイン発行業者の監督について、連邦準備制度理事会または州のどちらが担当するかが主な争点となってきました。銀行委員会のメンバーであるラミス氏は、現在のステーブルコインの議論は活発であり、進展があると述べています。また、米証券取引委員会によるスポットビットコインETFの承認など、暗号通貨業界の最近の動向も法制化の根拠となっています。

下院共和党議員は、複数の暗号通貨法案についての採決に向けて取り組んでおり、パトリック・マクヘンリー議員は今回の会期においても優先事項であると示しています。ラミス氏は、インベスコやファイデリティ、ブラックロックなどの主要金融機関がビットコインETF市場に参入することで、消費者の信頼が高まり、資産クラスの成熟度が示されていると考えています。

全体として、ステーブルコインの法制化に向けた協議は進行中であり、今年成立する可能性に楽観的な見方がありますが、上院には課題が残っています。暗号通貨業界の最近の動向や主要金融機関の参入は、規制の根拠を構築する上で役立っています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: