米議員マクヘンリー氏、仮想通貨の保管に関するSECの会計指針の撤廃を求める

By The Block – 2024/02/03 01:20:06 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
米国議員、SECの暗号通貨会計ポリシー「SAB 121」の覆撤を求める決議案を提出
連邦議会の超党派グループがSECの暗号資産保管方針の撤廃を試みる

新しい記事と類似の記事はすべて同じ主題について議論しています。それは、パトリック・マクヘンリー議員、シンシア・ラムス上院議員、マイク・フラッド議員、ワイリー・ニッケル議員によって提出された共同決議に関するもので、SECのスタッフ会計指針第121号(SAB 121)を廃止することを目的としています。SAB 121への批判、議会審査法の使用、SECの過剰な介入に対する懸念など、重要なポイントは新しい記事と類似の記事の両方で取り上げられています。新しい記事には、類似の記事で既に取り上げられていない新しい事実や数字はありません。したがって、新しい記事には類似の記事とは異なる追加情報や洞察が提供されていません。

米下院金融サービス委員会の委員長であるパトリック・マクヘンリー氏は、証券取引委員会(SEC)の会計指針であるStaff Accounting Bulletin No. 121(SAB 121)を撤廃することを求めています。この指針は、仮想通貨の保管業者が顧客の仮想通貨保有高を負債として貸借対照表に記録することを義務付けています。マクヘンリー氏は、シンシア・ラマス上院議員、マイク・フラッド下院議員、ワイリー・ニッケル下院議員と共に、SAB 121を阻止するための共同決議を提出しました。マクヘンリー氏は、この指針が消費者保護を損ない、顧客のデジタル資産を脆弱にすると考えています。彼はこの措置を撤回するために最後まで取り組むことを目指しています。

SAB 121は、2022年3月に発行されて以来、仮想通貨の支持者から批判を浴びており、一部では「非論理的」とされています。SECのゲイリー・ゲンスラー委員長は、破産手続きにおける顧客の懸念を挙げて、この指針を擁護しています。銀行の利益団体である金融サービスフォーラムは、SAB 121の資本要件が銀行が安全にデジタル資産の保管サービスを提供することを妨げているとの懸念を表明しました。

政府説明責任局(GAO)は、指針が有効になる前に議会で審査される必要があると2022年10月に述べたため、議員たちはSAB 121に取り組んでいます。この指針は、機関が議会に対して規則に関する報告書を提出することを求める連邦議会審査法の対象となっています。フラッド下院議員はSECに対して過度な介入を非難し、議会が規制の過度な拡大に対するチェックとしての役割を強調しました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: