2024年1月のビットコインのオンチェーン取引量が2022年9月以来の最高水準に達する

By The Block – 2024/02/05 14:30:06 (JST)

2024年1月、ビットコインのオンチェーン取引量が2022年9月以来の最高水準に達しました。The Blockのデータによると、その月には総額1.21兆ドル相当のビットコインがオンチェーンで移動され、2023年9月の取引量の3倍以上となりました。ビットコインは2023年の12月以外の全ての月で1兆ドルを超える取引量を達成できなかったことを考えると、この取引量の増加は重要なものです。取引量の増加は、スポットビットコインETFの承認を熱望するトレーダーたちの結果と見られています。これらのETFが承認されると、取引量は増加する傾向にあります。実際、1月は取引量が増加し続けた4ヶ月連続であり、2023年9月の5500億ドルという低水準からの回復です。

取引量の増加にも関わらず、長期的なビットコイン保有者は現時点ではコインを手放す気がないようです。Glassnodeのアナリストによれば、彼らは「市場の波に穏やかに乗っている」とのことです。実際、ビットコインネットワーク上の月次取引は2023年12月から2024年1月にかけて減少しました。これは、長期的な保有者がビットコインを売却するのではなく保持し続けていることを示しています。この行動は、ビットコインの将来的な可能性への強い信念と、市場の変動に対する意欲を示しています。The Blockのデータは、取引量の増加に伴い、長期的なビットコイン保有者の回復力と自信を浮き彫りにしています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: