ジェネシス、破産手続き中に16億ドル相当のビットコインとイーサリアムの信託保有を売却する承認を求める

By CoinDesk – 2024/02/05 19:20:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ジェネシス、破産手続きにおいてGBTC株14億ドルの売却を承認申請

この記事と類似の記事の両方で、Genesisは承認を求めて信託資産1.6億ドルを売却しようとしており、その中にはGrayscale Bitcoin Trustの株式で約14億ドル、Grayscale Ethereum Trustの株式で1億6500万ドル、Grayscale Ethereum Classic Trustの株式で3800万ドルが含まれています。両方の記事はまた、GenesisがGeminiに担保として提供された追加の株式を請求しようとしていることも述べています。類似の記事では、SECに対する2100万ドルの罰金についても言及されていますが、この記事では言及されていません。ただし、この記事ではGenesisの最大の債権者がGeminiであり、10万人以上の影響を受けたユーザーが10億ドルから100億ドルの間で請求権を持っており、Genesisは上位50の債権者に対して35億ドル以上の負債を抱えているという追加情報が提供されています。この情報は類似の記事にはありません。したがって、内容には重複がありますが、この記事には類似の記事にはない新しい事実が含まれています。

仮想通貨貸付業者のGenesisは、Grayscaleの信託商品に保有しているビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)の総額16億ドル以上を売却するため、米国の裁判官の承認を求める動議を提出しました。承認されれば、ビットコインに対する売り圧力が大きくなる可能性があります。Genesisは、Grayscale Bitcoin Trust(GBTC)に約14億ドル、Grayscale Ethereum Trustに1億6500万ドル、Grayscale Ethereum Classic Trustに3800万ドルを保有しています。

一部のGBTC株は、担保として仮想通貨取引所のGeminiに移されましたが、Genesisは移転されなかった追加の3100万株のGBTC株を求めています。Genesisの最大の債権者はGeminiであり、影響を受けたユーザー約10万人に対して総額10億ドルから100億ドルの債務があります。また、GenesisはCumberland、Mirana、MoonAlpha Finance、VanEckのNew Finance Income Fundなど、上位50の債権者に対して35億ドル以上の債務を抱えています。GenesisとGrayscaleは、昨年の破産宣告につながった損失と論争に直面したDigital Currency Groupの仮想通貨エンパイアの一部でした。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: