TetherとSolanaのYakovenkoが主導する、仮想通貨決済企業OobitがシリーズAラウンドで2.5億ドルを調達

By The Block – 2024/02/06 00:50:06 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
Oobit、Tether主導のシリーズA資金調達でクリプト決済アプリに2.5億ドル調達
仮想通貨決済アプリのOobit、テザー主導のシリーズAラウンドで2500万ドルを調達

新しい記事と類似の記事はすべて同じ出来事について報告しています。Oobitはテザーとソラナのヤコベンコをリードとする、成功したシリーズAの資金調達ラウンドで2500万ドルを調達しました。調達額や資金調達ラウンドのリーダー、Oobitが非保管型の暗号通貨決済アプリに移行する計画など、重要な詳細はすべての記事で一致しています。新しい記事には、類似の記事で既にカバーされていない新しい事実や数字はありません。したがって、新しい記事には類似の記事とは異なる追加情報は提供されていません。

仮想通貨モバイル決済企業のOobitは、Tether、Solanaの共同創設者であるAnatoly Yakovenko、CMCC Global、および468 Capitalが主導するシリーズAラウンドで2,500万ドルを調達しました。Oobitは、Apple Payのように、仮想通貨を使用して商品やサービスを購入するプロセスを簡素化することを目指しています。Tetherからの投資は、新たなユーザーを仮想通貨エコシステムに迎え入れ、世界中の仮想通貨保有者に摩擦のない取引を可能にするという彼らの取り組みを示しています。Oobitは、外部の第三者ウォレットを利用できる非保管型の仮想通貨決済アプリに移行する予定です。

PayPalやNubankなどの従来のフィンテック企業も、仮想通貨取引をよりシームレスにする取り組みを行っています。Visaは最近、Web3企業のTransakと提携し、デビットカードを使用して仮想通貨の支出や引き出しをより簡単にすることを可能にしました。CMCC Globalの共同創設者であるMartin Baumannによれば、OobitのシリーズAラウンドは、ブロックチェーンシステムと従来の金融システムのギャップを埋めるという彼らの取り組みを示しています。

この要約は、記事に記載されている情報に基づいており、追加の推測や意見は含まれていません。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: