Taproot Wizards、テックの遅延後に「Quantum Cats」Bitcoin NFTを完売

By CoinDesk – 2024/02/06 09:10:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Bitcoin OrdinalsプロジェクトのTaproot Wizards、NFT販売の遅延と批判

新しい記事と類似の記事は、Taproot Wizardsによる「Quantum Cats」NFTの販売、直面した技術的な問題、およびBitcoinネットワークへの影響について議論しています。しかし、新しい記事には類似の記事にはない追加情報が提供されています。記事によれば、技術的な問題にもかかわらず、販売は成功し、3,000点すべてが完売し、約1300万ドルの収益を生み出しました。また、公開マイントの最初の2秒で313点が販売されたという具体的な詳細も提供されています。したがって、全体的なトピックは同じですが、新しい記事には類似の記事にはなかった新しい事実と最新情報が含まれています。

Taproot WizardsのBitcoin Ordinalsプロジェクトは、技術的な遅延にもかかわらず、「Quantum Cats」デジタルアートコレクションを完売しました。このNFTのようなコレクタブルは3,000点で、それぞれ0.1 BTC(約426,500円)の固定価格で販売され、約1,300万ドルの収益を上げました。この売り上げは昨年の投資家からの750万ドルを上回りました。画像の大部分は、月曜日の5時間の専用販売ウィンドウ中にホワイトリスト入りした投資家に販売され、その後、公開販売の最初の2秒で313点が完売しました。初期の技術的な問題にもかかわらず、コレクターたちは意気消沈せずにいました。

Taproot Wizardsの「Quantum Cats」の販売は、技術的な問題により遅延が生じ、購入者の不満を引き起こしました。販売は追加のテストのために2回延期されましたが、問題は最終的に解決し、販売はスムーズに進行しました。Casey Rodarmorによって2023年初頭に作成されたOrdinalsプロトコルは、Bitcoinブロックチェーン上でのNFTの作成と保存を可能にしています。マイントの活発化はBitcoinコミュニティを分裂させており、ネットワークの混雑や手数料の上昇についての懸念がありますが、多くの専門家はそれが最初のブロックチェーンの開発に新たなエネルギーをもたらしたと考えています。

全体的に、Taproot Wizardsの「Quantum Cats」の販売は、初期の技術的な問題にもかかわらず、大きな成功を収めました。NFTのようなコレクタブルへの需要は高く、3,000点が完売しました。販売から得られた収益は昨年の調達額を上回りました。公開販売中のスムーズな体験は、コレクターや投機家たちがプロジェクトに対して熱心であることを示しており、Bitcoinブロックチェーン上のNFTへの関心の高まりと、さらなる発展の可能性を浮き彫りにしています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: