Omega、Bitcoin Web3インフラ開発のために600万ドル調達

By PANews – 2024/02/07 10:53:59 (JST)

Bitcoin Web3インフラプロバイダーのOmegaは、PANewsによると、Xプラットフォームでの最近の資金調達ラウンドで600万ドルを調達しました。Borderless、AlphaLab Capital、Psalion VC、Blockchain.com、Lightspeed Factionなど、さまざまな投資家から資金を確保しました。Omegaは、分散型インフラの開発と全体のチェーンとBitcoin DeFiの再定義を目指しています。資金はOmegaのBitcoin Web3インフラの立ち上げに活用されます。これは、ブリッジング、ラッピング、合成の必要なく、Layer1 BTCの価値を活用してBitcoin保有者が収益を生み出すことができる、DeFiでネイティブなBitcoinを使用するための初の分散型ソリューションです。

全体として、Omegaの成功した資金調達ラウンドは、Bitcoin保有者がDeFiの領域で収益を生み出すための分散型ソリューションを提供することを目指すBitcoin Web3インフラの開発と立ち上げを支援します。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: