共和党議員、財務長官ジャネット・イエレンに暗号通貨規制に関する明確化を求める

By The Block – 2024/02/07 13:00:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
米国財務長官ジャネット・イエレン、米国金融安定監視評議会(FSOC)の証言で暗号通貨のリスクを警告
米財務長官イエレン、議会公聴会で暗号通貨のリスクを警告

新しい記事と類似の記事はすべて同じトピックについて議論しています:アメリカ財務長官ジャネット・イエレンの仮想通貨規制に対する姿勢と、議会での証言についてです。しかし、新しい記事には類似の記事には見られない追加情報が提供されています。具体的には、共和党の議員たちがイエレンに宛てた手紙が言及されており、連邦レベルで仮想通貨がどのように定義されるべきか、SECとCFTCの連携、そして「21世紀の金融革新と技術法案」と呼ばれる提案された法案についての明確化を求めています。この新しい情報は、アメリカにおける仮想通貨規制に関する議論と取り組みのより包括的な見方を提供しています。したがって、全体的なトピックの類似性にもかかわらず、新しい記事には新たな事実が含まれており、他の記事とは異なるものとなっています。

共和党の議員たちは、アメリカの財務長官ジャネット・イエレンに宛てて手紙を送り、連邦レベルでの暗号通貨の定義について明確化を求めました。彼らは具体的には証券取引委員会(SEC)と商品先物取引委員会(CFTC)の連携について質問しました。議員たちはデジタル資産のスポット市場における規制上のギャップを指摘し、金融規制当局に規則制定権限を与える法律を推奨しました。また、金融安定監視委員会(FSOC)が仮想通貨発行者に適用される証券法やビットコイン、イーサリアムが証券と見なされるかについても質問しました。議員たちは、FSOCが指摘した規制上のギャップを埋めるために、包括的な暗号通貨規制法案である「21世紀の金融イノベーションとテクノロジー法案」を主導しています。

イエレンは、下院金融サービス委員会の公聴会で証券化されていない暗号通貨資産のスポット市場とステーブルコインを規制するために議会が法律を制定する必要性を強調しました。彼女はCFTCのスポット市場における規制権限のギャップを認識し、ステーブルコインが金融システムにもたらすリスクについて懸念を表明しました。イエレンは、これらのリスクに対処するために議会が規制枠組みを作成する取り組みを歓迎しています。議員たちの手紙は2月20日までにイエレンからの回答を要求しています。彼らは、提案された法案がFSOCが指摘した規制上のギャップに対処すると信じています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: