COPA裁判2日目、クレイグ・ライト氏はサトシの証拠捏造を否定

By CoinDesk – 2024/02/07 18:10:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
UK COPA裁判の初日、クレイグ・ライト氏が「産業規模の」偽造罪で告発される
ビットコイン開発者へのクレイグ・ライトの嫌がらせキャンペーンを終わらせる時が来た

新しい記事と類似の記事は、すべてビットコインの創設者であると主張するクレイグ・ライト氏と彼の関与する裁判について取り上げています。すべての記事で取り上げられている主なポイントは、ライト氏が証拠を偽造していないという彼の主張、COPAによって彼に対して提起された告発、そして裁判の結果による潜在的な影響です。しかし、新しい記事には類似の記事には見られない追加の詳細が記載されています。それは、ライト氏が2002年のものであり、2008年に発表されたビットコインの白書に言語や概念が反映されていると主張する、研究論文の要約である「BlackNet」という特定の証拠です。この詳細は類似の記事には記載されていません。新しい記事はまた、裁判の雰囲気についての情報を提供しており、法廷が圧倒的に暑いと形容しています。これは類似の記事には見られないユニークな詳細です。したがって、記事の全体的なテーマは同じですが、新しい記事は類似の記事とは異なる追加の事実と詳細を提供しています。

COPA裁判2日目、ビットコインの創造者を自称するオーストラリアのコンピュータ科学者、クレイグ・ライト氏は、Crypto Open Patent Alliance(COPA)による提訴に対し、証拠の捏造を否定しました。ライト氏は、PDF文書の矛盾は捏造の証拠ではなく、むしろその逆だと主張しました。もし文書を捏造していたなら、完璧だったはずだと述べました。ライト氏は、自己盗作や印刷エラー、証人の病気や死などを理由に、自身の主張の矛盾を説明しました。

この裁判は、ライト氏がビットコインの匿名の発明者であるサトシ・ナカモトであることを証明するために、ライト氏が大規模な捏造を行ったという主張を巡っています。COPAは、ビットコインの発明者であるとするライト氏の主張に異議を唱えるため、クレジットカードの支払い、メール、文書、ツイートなどの証拠を提出しました。その中でも重要な証拠の一つは、ライト氏が2002年のものと主張する研究論文の要約であり、2008年に発表されたビットコインの白書の言語や概念を反映しているとされています。しかし、ライト氏はこれを否定し、自身の言葉を再利用し、白書とBlackNetの要約の複数のバージョンを持っていたと述べました。

裁判は2月13日まで続き、ライト氏の尋問が続いています。裁判官はライト氏に新たな証拠を提出することを許可しましたが、今後の提出は許可されない可能性があると警告しました。参加者は、この裁判の結果がビットコインの創造者としてのライト氏の主張、および広範な仮想通貨コミュニティに重大な影響を与える可能性があると期待しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: