米国株式市場開場後に約4158 BTCがETFの保管アドレス間で移転

By PANews – 2024/02/07 21:30:35 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
米国株式市場開場後に、さまざまなBTCスポットETFの保管アドレスに約8,599 BTCの資金が移転
米国株式市場開場後に約6699 BTC(約283.9億ドル相当)の移動が予想される

新しい記事では、さまざまなBTCスポットETFの保管アドレス間で約4158 BTCが移転されたことが報じられており、特にGrayscale(GBTC)の保管アドレスとBlackRock(IBIT)が言及されています。同様の記事でも、GrayscaleやBlackRockを含むさまざまなETFの保管アドレス間でBTCの移転が詳細に取り上げられています。新しい記事の数字は、同様の記事とは異なり、異なるイベントや時間帯を示しています。ただし、全体的な内容や文脈は同じであり、移転に関連する具体的な数字のみが異なります。したがって、新しい記事は最新の数字を提供していますが、同様の記事とは異なる事実や新しい分析を紹介しているわけではありません。

PANewsは2月7日に報じたところによると、2月6日にはさまざまなBTCスポットETFの保管アドレス間で約4,158 BTC(約1億7900万ドル)の資金移動が推定されました。その中で、Grayscale(GBTC)の保管アドレスから約1,688 BTC(約7,272万ドル)が移出される見込みであり、他の9つのETFの保管アドレスは合計で約2,470 BTC(約1億60万ドル)を受け取る見込みです。その中で、BlackRock(IBIT)が最も多くの約1,050 BTC(約4,524万ドル)を受け取りました。

全体として、10つのETFの純流入量は約782 BTC(約3,374万ドル)であり、純流入の連続8日目を記録しています。ただし、Grayscaleからの流出と他のETFへの流入の両方が減速傾向を示しており、取引の漸減安定化を示しています。現在、これら10つのBTCスポットETFの保管アドレスの総保有量は約655,576 BTC(約283.2億ドル)です。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: