B2C2、ルクセンブルクに現地のVASP登録を取得し拡大

By The Block – 2024/02/08 00:10:06 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
B2C2、EUの暗号通貨規制が迫る中、ルクセンブルクの仮想資産ライセンスを取得

新しい記事と類似の記事の両方が、B2C2が現地の仮想資産登録を取得することにより、ルクセンブルクへの拡大を取り上げています。両方の記事は、B2C2がルクセンブルクで公式にライセンスを取得した12番目の暗号通貨企業であること、この登録によりB2C2が機関投資家向けにオーバーザカウンタースポット暗号通貨取引を提供できるようになることを述べています。両方の記事はまた、ルクセンブルク支店のリーダーシップをデンゼル・ウォルターズが担当し、CEOとしてトーマス・レストゥが関与していることを強調しています。また、両方の記事でMiCA規制の導入が言及されています。唯一の違いは、新しい記事がB2C2が最近フランスの暗号流動性プロバイダーであるWoortonを買収したことを言及している点で、類似の記事では言及されていません。ただし、この情報はニュースの全体的な内容や文脈を大きく変えるものではありません。

UKを拠点とする暗号通貨取引会社B2C2は、現地の仮想資産登録を取得することでルクセンブルクへの事業拡大を果たしました。これにより、B2C2は同国で公式に認可された12番目の暗号通貨会社となります。登録により、B2C2は機関投資家向けにオーバーザカウンターのスポット暗号通貨取引を提供し、現地の暗号通貨サービスや伝統的な金融機関と連携することが可能となります。B2C2は最近、フランスの暗号通貨流動性プロバイダーであるWoortonを買収するなど、ヨーロッパでの拡大を進めています。ルクセンブルク支店は、以前にイングランド銀行や監督当局で働いていたDenzel Waltersが率いる予定です。

B2C2のCEOであるThomas Restoutは、ルクセンブルクでVASP(仮想資産サービスプロバイダー)の登録を取得することは、同社にとって重要な節目であり、特にルクセンブルクは急速に拡大している仮想資産コミュニティの拠点であると述べています。この拡大は、B2C2が顧客に対して流動性と優れたサービスを提供するという取り組みと一致しています。この動きは、B2C2がMiCA(暗号資産市場に関する規制)の実施に向けて準備を進めている中で行われました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: