SECの拡大されたブローカールールにより、DeFiへの懸念が浮上

By CoinDesk – 2024/02/08 07:10:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
米SEC、'ディーラー'規制拡大でDeFiと暗号証券に影響を与える可能性
米SEC、新たな規制ルールで暗号通貨取引業界の監視強化

新しい記事と類似の記事は、すべてSECの拡大されたブローカーディーラールールとそれがDeFi業界に与える潜在的な影響について議論しています。それらはすべて、ルールが明示的な免除なしで分散型プロトコルやAMMを含む可能性があることを指摘しています。また、CoinbaseとBinanceの法的な問題についてもすべて触れています。しかし、新しい記事には類似の記事にはない追加情報があります。SECは暗号通貨の特例を検討しましたが、競争上の悪影響を避けるために採用しないことを決定したと述べています。また、市場メイキングを可能にする分散型取引所(DEX)に対する潜在的な影響についても議論しています。したがって、全体のテーマは同じですが、新しい記事には類似の記事にはない新しい分析と詳細が提供されています。

SECの拡大されたブローカールールが、分散型金融(DeFi)業界で懸念を引き起こしています。このルールにより、証券取引に関与する企業はより厳しい監視の下でディーラーとして登録する必要があります。この定義の拡大により、Uniswapや他の自動市場メーカー(AMM)などの分散型プロトコルも明示的な例外なしに含まれる可能性があります。暗号通貨の支持者は、SECが暗号通貨を監督する能力について管轄権の懸念を提起しており、CoinbaseやBinanceとの間で現在も法的な争いが続いています。ただし、これらのアプリケーションが本当に分散化されている場合、ルールを遵守する方法がないか、SECが違反に対して罰する方法がないかもしれません。

SECが公表で暗号通貨を明示的に名指ししたことは警戒すべき事態ですが、ルール自体は業界を損なう意図はありませんでした。SECは暗号通貨の例外規定を検討しましたが、競争上の悪影響を避けるためにそれを断念しました。分散型ウォレットや取引所、レンディングプロトコルが登録することは意味をなさないかもしれませんが、市場メーキングを促進する分散型取引所(DEX)は、SECのより広範なブローカーの定義に合致する可能性があります。ただし、これらのアプリケーションが本当に分散化されている場合、ルールを遵守する方法はないかもしれません。DeFi業界は、SECが影響を考慮し、DeFi市場参加者に対する遵守の明確な道筋を提案することを期待しています。

要約すると、SECの拡大されたブローカールールがDeFi業界で懸念を引き起こしています。分散型プロトコルやAMMなどの分散型プロトコルが明示的な例外なしに含まれる可能性があります。暗号通貨の支持者は管轄権の懸念を提起し、CoinbaseやBinanceとの法的な争いが続いています。ただし、これらのアプリケーションが本当に分散化されている場合、ルールを遵守する方法がないか、SECがそれを執行する方法がないかもしれません。業界はDeFi市場参加者に対する遵守の明確な道筋を期待しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: