香港が約60億香港ドル相当の多通貨デジタルグリーンボンドを発行

By PANews – 2024/02/08 21:10:22 (JST)

香港政府が約60億香港ドル相当の多通貨デジタルグリーンボンドを成功裏に発行しました。これは、香港ドル、人民元、米ドル、ユーロを含む世界初の多通貨デジタルボンド発行です。ボンドの満期は2年で、世界中の機関投資家からの関心を集めました。この発行は、投資家の参加拡大、発行プロセスの簡素化、グリーンボンドの情報開示をデジタルアセットプラットフォームと統合することによる透明性の向上など、いくつかの点で突破口を達成しました。

香港金融管理局(HKMA)はHSBC Orionデジタルアセットプラットフォームと協力して、この画期的な成果を達成しました。これは、2023年2月のトークン化されたグリーンボンド発行に続く、香港政府によるデジタルボンドの2回目の発行です。昨年、香港は5つの銀行を雇い、分散型台帳技術プラットフォームでのデジタルグリーンボンドの発行を検討しました。

全体として、このデジタルグリーンボンドの発行は、香港が金融セクターにおけるイノベーションへの取り組みと、グローバルな投資家を引き付ける努力を示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: