ビットコインが46,000ドルを超える上昇を見せる中、仮想通貨関連の株式がプレマーケットで急騰

By CoinDesk – 2024/02/09 20:10:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ビットコインが45,000ドルに迫り、仮想通貨の取引量が増加
ビットコイン価格(BTC)、ビットコインETFの発売後初めて45,000ドルを超える

新しい記事では、仮想通貨関連株の急増とBitcoinが46,000ドルを超えたことについて取り上げています。また、CleanSpark、Riot Platforms、Marathon Digital Holdings、Coinbase、MicroStrategy、BlackRockのBitcoin ETFなどの企業のパフォーマンスについて具体的な詳細も提供しています。同様の記事では、Bitcoinの価格上昇や仮想通貨市場のパフォーマンスについても取り上げていますが、新しい記事で言及されている特定の企業に関する同じレベルの詳細は提供されていません。同様の記事は、主に全体的な市場トレンドやBitcoin、Etherのパフォーマンスに焦点を当てています。したがって、Bitcoinの価格上昇という全体的なテーマは同じですが、新しい記事は同様の記事にはない新しい事実と詳細を提供しています。

ビットコイン(BTC)が約1か月ぶりに46,000ドルを超え、週間の上昇率もほぼ10%に達したことで、仮想通貨関連の上場企業はプレマーケット取引で健全な伸びを見せました。過去24時間でビットコインはわずか4%以上上昇し、デジタル資産市場の総合パフォーマンスを測るCoinDesk 20指数も約2.6%上昇しました。

ビットコインマイナーのCleanSpark(CLSK)が10:15 UTC時点で約20%上昇し、その他にもRiot Platforms(RIOT)とMarathon Digital Holdings(MARA)もそれぞれ7%と8%上昇しました。証券会社のBernsteinによれば、マイニング株はビットコインのハーフィング(新しいコインの報酬が50%減少するイベント)に向けたエントリーポイントとして推奨されています。同社はCLSKとRIOTを優良株として選定しました。

仮想通貨取引所のCoinbase(COIN)とソフトウェア企業のMicroStrategy(MSTR)は、バランスシート上で約190,000 BTCを保有しており、いずれも約5%の上昇を示しました。新しいBTC ETFの中で最初に資産2 billionドルに到達したBlackRocksビットコインETF(IBIT)も約2.75%上昇しました。

詳細はこちら:Bitcoin ETFs(Ex-GBTC)がMicroStrategyよりも多くのBTCを保有

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: