新たなスポットビットコインETFが取引開始からわずか1か月で20万BTC以上を集め、BlackRockのIBITが資産管理額でリード

By The Block – 2024/02/09 21:00:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
米国のビットコイン現物ETFの取引高が10億ドルを超え、ブラックロックがトップに立つ
米国の19日目の取引日にビットコインスポットETFに約1億4,500万ドルの純流入

新しい記事では、新たなスポットビットコインETFでの運用資産に関する最新情報が提供されています。具体的には、ブラックロックのIBITとフィデリティのFBTCによるもので、これらは他の類似記事では言及されていません。さらに、新しい記事では、これらのETFの総純流入額に関する最新データも提供されており、これは他の類似記事で提供されている数字よりも大幅に高いです。さらに、新しい記事では、ビットコインの現在の取引価格と年初来の利益率も提供されていますが、これは他の類似記事では言及されていません。したがって、新しい記事は、全体的なトピックは同じですが、更新された追加情報を提供しており、他の類似記事には存在しないものです。

米国の9つの新しいスポットビットコイン上場投資信託(ETF)は、取引開始からわずか1か月で20万BTC以上の資産を集めました。これらのETFには、BlackRockのIBITやFidelityのFBTCなどが含まれており、最新のデータによれば、これらのETFは11億ドルを超える資産を集めました。これらのETFの保有分は、ビットコインの総供給量の約1%を占めています。BlackRockのIBITが8万BTC以上の資産を保有し、FidelityのFBTCが6.8万BTC以上を保有しています。これに対して、GrayscaleのGBTCファンドの資産は1月11日以来、約25%減少しました。木曜日には、BlackRockのIBITが取引量でGrayscaleのGBTCを上回りました。

米国の新しいスポットビットコインETFは、強力な流入を見ています。木曜日には、BlackRockのIBITが2億4100万ドル、FidelityのFBTCが1億2830万ドルを追加しました。これに対して、GrayscaleのGBTCは1億1600万ドルの流出を記録しました。その結果、その日の合計流入額は4億5000万ドルを超え、これらのETFの合計流入額は21億ドルを超えました。これは、2021年1月以来、ビットコイン投資商品全体で最も強力な日次流入です。現在、流通しているBTC供給量の4.52%が投資商品に保有されており、その資産は88万7443BTCです。

ビットコインの価格は現在46,721ドルで取引されており、24時間で4.3%、年初来で10.7%の上昇を示しています。新しいスポットビットコインETFの強力なパフォーマンスと増加する流入は、ビットコインへの投資家の関心の高まりを示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: