EigenLayerのTVLが約60億ドルに急増、デポジットキャップが解除される

By The Block – 2024/02/09 23:20:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
EigenLayerのステーキング上限が解除され、TVLが30億ドルを超える
EigenLayer、ステーキング制限を一時的に解除し、TVLが30億ドルを超える

新しい記事と類似の記事は、EigenLayerのTotal Value Locked(TVL)が一時的なデポジットキャップの解除に続いて急増したことを取り上げています。類似の記事ではTVLが30億ドルを超えたと言及されていますが、新しい記事では更新された数字として約60億ドルを提供しています。これは大幅な増加であり、類似の記事には存在しない新しい事実です。さらに、新しい記事では、イーサリアムネットワーク上でステークされているイーサ供給量の割合が初めて25%に達したことも言及されています。これも類似の記事には言及されていない新しい事実です。したがって、全体的なトピックは同じですが、新しい記事は更新された数字と新しい事実を提供しており、類似の記事とは異なるものとなっています。

Ethereumベースの再ステーキングプロトコルであるEigenLayerは、デポジットキャップが一時的に解除された後、Total Value Locked(TVL)が約60億ドルに急増しました。デポジットウィンドウが2月5日に開始されて以来、TVLは約170%増加し、59億ドル、または230万Etherに達しました。これにより、EigenLayerはTVLにおいてトップ5のDeFiプロトコルの一つとなりました。プロジェクトは将来的にデポジットキャップを永久に解除し、許可なく分散化された環境を作り出す予定です。ユーザーは報酬ポイントを獲得するために資金を預け入れてネットワークに参加することが奨励されており、Eigenトークンのエアドロップ報酬の可能性についても憶測が広がっています。

EigenLayerのプロトコルでは、ユーザーはリキッドステーキングトークンを介してEtherを預け入れて再ステーキングすることができ、これらの資金をDeFiで担保として使用することができます。このプロトコルは2023年6月にEthereumメインネットで最初に導入され、その後、Lido、Rocket Pool、Coinbaseなどの追加のリキッドステーキングトークンを含むように拡張されました。EigenLayerは主要な分散型アプリケーションプラットフォームとなり、共有セキュリティモデルを活用して他のプロジェクトの立ち上げを可能にすることを目指しています。昨日、Ethereumネットワーク上でステーキングされたEtherの割合が初めて25%に達しました。

この要約は情報提供のみを目的としており、金融アドバイスを提供するものではありません。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: