ニューヨーク州検事総長、DCG事件での詐欺額を30億ドル以上と主張

By PANews – 2024/02/10 09:57:32 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
ニューヨーク州検事総長、DCGに対する訴訟での被害額を3倍に増やす
ニューヨーク、Digital Currency Groupに対する詐欺事件を30億ドルに拡大

新しい記事と類似の記事はすべて同じトピックについて議論しています。ニューヨーク州司法長官がDCG、Genesis Global、およびGemini Trust Co.に対して起こした訴訟に関してです。争点の主なポイントは、すべての記事が同意するところによれば、詐欺額が30億ドルを超えたとされていることです。類似の記事はまた、Gemini Earnプロジェクトの関与と、初めに考えられていたよりも多くの投資家が被害に遭ったという事実についても言及しています。類似の記事は、ニューヨーク州司法長官事務所およびSECとの和解、および被影響を受けた投資家の数(23万人)など、追加の文脈を提供しています。しかし、これらの詳細は新しい記事で提示されている核心情報を変えるものではないため、新しい記事は類似の記事との違いを示す新しい事実や数字を提供していません。

ニューヨーク州検事総長のLetitia James氏は、DCG事件における詐欺額を30億ドル以上に増額しました。継続して行われている調査の結果、さらに多くの投資家が被害に遭い、資産損失が20億ドル以上増加したことが明らかになりました。この訴訟は、仮想通貨の貸付プロジェクトであるGemini Earnを巡るもので、2023年10月19日にGenesis Global、DCG、Gemini Trust Coに対して提起されました。被告は、共同投資プロジェクトを通じて10億ドル以上を詐取したとされています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: